Facebookの仮想通貨プロジェクト名が判明、広告経由のEC利用で付与

編集部

  • 1

ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、Facebookが独自の仮想通貨を発行予定していると報じた。その通貨はステーブルコインとしてEC決済に利用でき、プロジェクト名はLibra(リブラ)だという。

Facebook社は世界最大級のSNS企業で、Facebookの他にも画像投稿型SNSのInstagramやメッセンジャーアプリのWhatAppを展開している。以前より仮想通貨を発行する可能性があることが噂されていたが、固有名詞を含む具体的な情報が報じられたのは初めてだ。

報道によれば、仮想通貨プロジェクト名は「リブラ」だという。古代ローマで通貨の単位として使用されていた他、てんびんの意味も持つ。

独自通貨の発行目的は、手数料がかからない決済サービスを展開することだとしている。また、広告サービスとの連携を計画しており、ユーザーはFacebook上の広告から商品を購入することで、リブラの仮想通貨が獲得できるという。

独自の仮想通貨発行プロジェクトに関しては、既報の通りステーブルコインの担保資金となる10億ドルの出資を募っている他、利用先となるECサイトの提携を進めているという。昨年には、発行する独自仮想通貨は、WhatsAppで送金ができるようになると、ブルームバーグが報道している

今回の報道について同社からのコメントはまだない。しかしCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は1月に以下のように述べている。

「現在のテクノロジーは中央集権化が問題とされている。仮想通貨は分権化を実現するが、安定させることが難しい。私たちはこのメリットとデメリットを研究しサービス化する」

また、同社は3月から、ブロックチェーン分野に精通した企業内弁護士を募集している。2月にはブロックチェーン企業であるChainspaceを買収しており、同社が仮想通貨やブロックチェーンのプロジェクトに関して、前向きに検討していることがうかがえる。

コメントを残す

ロジャー・バー氏、「BCHが崩壊寸前という話はフェイクニュース」と主張

 仮想通貨業界の一部の人々はビットコインキャッシュ(BCH)……

Cryptocurrency News

Rippleが国際送金のMoneyGramに出資、xRapid正式導入も

米大手送金企業のMoneyGram(マネーグラム)社が、Ri……

編集部

バイナンスCEO、BNBが米国でサポートされるか分からない

 大手仮想通貨取引所のバイナンスはそのネイティブトークンであ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>フェイスブック、独自通貨「リブラ」を20年に開始

 19日午前9時20分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

Facebookが独自通貨Libraのホワイトペーパーを公開

18日、Facebookは独自通貨プロジェクトとして進めてき……

編集部

韓国の交換所、リップルの国際送金ネットワークに参加

 韓国の仮想通貨交換所が活動範囲を広げようとしている。同国の……

Cryptocurrency News