CEO急死で破産の取引所QuadrigaCX、負債1億6,000万ドルも消えた仮想通貨見つからず

編集部

  • 0

世界4大会計事務所のひとつであるErnst & Young(EY)が、カナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXの具体的な負債額を発表した

QuadrigaCXのCEOを務めていたGerald Cotten氏は、2018年の12月に急死した。その後、同氏が管理していたアクセスキーが見つからずに約1億9,000万カナダドル(約160億円)もの顧客資産を管理するコールドウォレットにアクセスできなくなったことがメディアに相次いで取上げられた。

特に一部の専門家の間では、ウォレットの中に通貨が入ってないのではないかという>声が上がっていた。その後裁判所から任命されたEYが調査を行った結果、対象の6つのコールドウォレットは2018年4月から使用されていなかったことが報告され、資産持ち逃げなどの疑いも強まっていた

先月には正式な破産が発表されていた

今回EYの公表したレポートによると、QuadrigaCXの4月1日時点の資産額は2,080万ドル、一方で負債額は1億6,000万ドルだという。負債額はQuadrigaCXのグループ会社であるQuadriga Estate、Quadriga Fintech Solutions、Whiteside Capital Corporationの3社で分散されている。

今回の調査でも、消えた資産がどこかにあるのか、という点に焦点が当てられたが、見つからなかったという。コールドウォレットからはKrakenやBitfinexなどの取引所に送金されたとの見方もあるが、それを立証するにも至らなかったようだ。

EYで今回の調査を担当したGeorge Kinsman氏は、以下のようにコメントしている。

「今回我々はホットウォレットやその他の通帳からビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ライトコイン、イーサリアムを見つけることができたが、それらの総額を合わせても負債額には遠く及ばない。Quadrigaのずさんな財務管理は、追求するのにかなりの時間と労力を要するだろう」

今回の事件は、当初は単にコールドウォレットのセキュリティの強固さが裏目に出てしまったという皮肉さを表していた。しかし、調査が進むにつれ、顧客資産のずさんな管理体制をあらわにしている。

コメントを残す

「不明瞭な規制基準」に交換所のポロニエックスが不満

 米国で人気の仮想通交換所ポロニエックスは、「米国内の規制が……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>軒並み急上昇、BTCは再び90万円台試す

 20日の主要な仮想通貨は軒並み急上昇しており、午前10時……

モーニングスター

Poloniexが米ユーザーに対し9銘柄取扱い停止、Coinbaseと対照的な動き

米仮想通貨取引所Poloniexが、米国に居住するユーザーに……

さがえ

ハードウォレットLedger売上が2倍に、Binanceハッキングが影響

ハードウェアウォレット企業Ledger(レジャー)のCEOで……

編集部

BTCは今週で30%上昇、調整売りに警戒も上昇トレンドは継続か

Crypto Market Weekly 5月17日号 ……

松嶋真倫

<今日の仮想通貨市況>ETH騰勢持続、デトロイトの大型プロジェクト立ち上げ予定を好感

 17日午前10時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター