ニューヨーク最高裁、テザー社からビットフィネックスへの融資停止を命令

編集部

  • 0

米国ニューヨーク最高裁判所は、ステーブルコインのTetherテザーUSDT)を発行するテザー社に対し、テザー社と運営元が同じ仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)への融資を停止する命令を16日に出した

これまでテザー社に関しては、同社が発行するUSDTについて、裏付けとなる資産がないなどといった信用問題が何度も取り沙汰されている。先月、ニューヨーク州のレティーナ・ジェームズ司法長官が、ビットフィネックスとテザー、を運営するiFinex(アイフィネックス)を訴訟した

NYAG(ニューヨーク州司法長官)によれば、ビットフィネックスの提携先でありアイフィネックスから出資を受けているクリプト・キャピタル社の損失補填に、7億ドル相当のUSDTを使用したという。これに対しビットフィネックスは反論する姿勢を示している。

今回発令された裁判所からの命令には、テザー社が通常の業務の場合を除き、ビットフィネックスまたは他の団体へ融資、または資金援助することを禁止すると記されている。これにより、疑いのある不正な金銭のやり取り、および損失補填を防ぐことが狙いだ。

なお、命令は90日で期限切れとなるが、NYAGが期限切れの2週間前に、裁判所へ延長を要求できる。

今回の判決に対してビットフィネックス社は自社サイトで見解を発表した。その中で同取引所は、以下のような見解を示している。

「今回出された命令について、我々は、ニューヨーク司法長官からの訴訟に対する我々の勝利だと捉えている。我々はこれまでと同様、彼らの無益な主張から我々の顧客、事業、そしてコミュニティを守ることを約束する」

コメントを残す

ロジャー・バー氏、「BCHが崩壊寸前という話はフェイクニュース」と主張

 仮想通貨業界の一部の人々はビットコインキャッシュ(BCH)……

Cryptocurrency News

フェイスブックの仮想通貨リブラ、正式に始動

 ソーシャルメディア大手のフェイスブックと27社の組織が、B……

Cryptocurrency News

Rippleが国際送金のMoneyGramに出資、xRapid正式導入も

米大手送金企業のMoneyGram(マネーグラム)社が、Ri……

編集部

バイナンスCEO、BNBが米国でサポートされるか分からない

 大手仮想通貨取引所のバイナンスはそのネイティブトークンであ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>フェイスブック、独自通貨「リブラ」を20年に開始

 19日午前9時20分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

Facebookが独自通貨Libraのホワイトペーパーを公開

18日、Facebookは独自通貨プロジェクトとして進めてき……

編集部