BTCが急落し一時BTC=72万円を記録するも、健全な調整

松嶋真倫

  • 0

17日午後12時頃、BTCはBTC=85万円付近から急落し一時BTC=72万円を記録した。

前日比約15%超の下落幅となり底が見えない展開になるかと思われたが、すぐに買戻しが入り、現在はBTC=80万円を回復して推移している。

5月に入り、Facebookの業界参入や株式市場の混乱に伴う資金流入等が主因となって、急上昇を続けてきたビットコイン。取引高も倍以上に膨れ上がり過熱感が出てきた中での急落となった。要因としては、明確な売り材料があった訳ではなく、突発的な大口の調整売りによって積み上がったロングポジションの解消が連鎖したことが考えられる。

今回の急落は、チャートの動きを見てもマーケットとして健全な調整であったと思われる。価格変動が落ち着くまでは引き続き調整売りへの警戒が必要で、BTC=76万円、70万円付近まで下落してもおかしくない状況だが、BTCの年初からの値動きに目を向ければ上昇トレンドは今も継続している。価格だけでなく業界全体の動きを見ていれば、今回の急落がトレンドを変えるほどの衝撃でないことがわかるだろう。

『金持ち父さん 貧乏父さん』著者「仮想通貨は債券に取って代わる」と発言

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキ氏……

編集部

<今日の仮想通貨市況>軒並み急上昇、BTCは再び90万円台試す

 20日の主要な仮想通貨は軒並み急上昇しており、午前10時……

モーニングスター

ECB、「ビットコインは未だ脅威ないが、モニターの必要ある」

 ECB(欧州中央銀行)は仮想通貨は欧州圏の経済に不安をもた……

CCN

ハードウォレットLedger売上が2倍に、Binanceハッキングが影響

ハードウェアウォレット企業Ledger(レジャー)のCEOで……

編集部

BTCは今週で30%上昇、調整売りに警戒も上昇トレンドは継続か

Crypto Market Weekly 5月17日号 ……

松嶋真倫

130億ドルの元運用責任者、全投資家がビットコインを保有するようになると確信

 130億ドルの運用資産を持つヘッジファンドのポイント72で……

CCN