ハードウォレットLedger売上が2倍に、Binanceハッキングが影響

編集部

  • 0

ハードウェアウォレット企業Ledger(レジャー)のCEOであるPascal Gauthier(パスカル・ゴーティー)氏が、9日に発生したBinance(バイナンス)ハッキング事件の影響で、同社の売上が2倍になったことを15日に発表した

レジャーは、人気ハードウェアウォレットであるLedger Nanoシリーズを展開する企業だ。ハードウェアウォレットの他にも、事業者向けカストディサービスであるLedgerVaultなども展開している。また4月にbluetooth接続が可能なハードウェアウォレット「Ledger Nano X」をリリースし、注目を集めた。

一方バイナンスは、ハッキングにより約7,000BTCの被害が発生したことを今月9日に発表した。その後ユーザーは一時取引ができない状態だったが、15日にAPIや本人認証に関する機能の大型アップデートが実施され、現在は営業を再開している。なお、ハッキングの犯人は特定されていない。

15日に、仮想通貨メディアであるTheBlockは、BloombergやDash、Beamなど約20社が参加するカンファレンスを開催した

パネルディスカッションに参加したゴーティー氏は「バイナンスのハッキングが報道された日の売上は2倍だった」と述べた。また取引所の仮想通貨管理は同社においても完璧に安全な環境をつくることは難しく、今後は被害補償サービスが重要になるという。しかし今後市場規模が拡大すれば補償額も大きくなることが課題になるだろうと危惧した。

ディスカッションでは悲観的な意見を述べながらも、ゴーティー氏は以下のように締めくくった。

「業界はセキュリティの強化が必要だ、レジャー社は全力で貢献する」

レジャー社はハードウェアウォレット事業とカストディ事業の他に、IoT事業の展開も進めている。今後は仮想通貨以外の分野でもブロックチェーンの安全性が必要になると述べていた

(画像はhttps://www.ledger.com/より引用)

コメントを残す

「不明瞭な規制基準」に交換所のポロニエックスが不満

 米国で人気の仮想通交換所ポロニエックスは、「米国内の規制が……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>軒並み急上昇、BTCは再び90万円台試す

 20日の主要な仮想通貨は軒並み急上昇しており、午前10時……

モーニングスター

Poloniexが米ユーザーに対し9銘柄取扱い停止、Coinbaseと対照的な動き

米仮想通貨取引所Poloniexが、米国に居住するユーザーに……

さがえ

BTCは今週で30%上昇、調整売りに警戒も上昇トレンドは継続か

Crypto Market Weekly 5月17日号 ……

松嶋真倫

<今日の仮想通貨市況>ETH騰勢持続、デトロイトの大型プロジェクト立ち上げ予定を好感

 17日午前10時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

Blockstream、サイドチェーンでのセキュリティトークン発行プラットフォームを発表

Blockstreamがサイドチェーン上でセキュリティトーク……

さがえ