DASHがバージョンアップ、51%攻撃耐性と省エネを実現

編集部

  • 0

仮想通貨DashダッシュDASH)は、新たなバージョンであるダッシュコアv0.14を、22日に行った。2つの新機能が追加され、51%攻撃への耐性が強化された。

ダッシュは、「デジタルキャッシュ」を語源としている通り、支払いに特化した仮想通貨だ。独自送金技術であるインスタントセンドにより2秒程で着金する即時決済を0.1円以下の手数料で実現し、プライベートセンドと呼ばれる技術で匿名性を備えている。また、コンセンサスアルゴリズム(合意形成方法)にはPoW(Proof of Work)とPoSe(Proof of Service)を採用している。PoSeでは、ブロックを承認するノードの管理と認証を複数のマスターノードが受け持っており、それにより不正や障害を防いでいる。

51%攻撃とは、PoWを採用しているブロックチェーンにおいて全体の51%を超えるハッシュパワーを持った者による不正行為だ。ブロックチェーンの分岐を発生させることにより、ダブルスペンド(二重支払い)や仮想通貨の分裂などが発生する。直近では1月にイーサリアム・クラシックが被害を受け1億円以上の損失が発生している

今回バージョンアップしたダッシュコアv0.14では、主に以下の2つの新機能が追加された。

  1. LLMQ(Long Living Masternode Quorum)
  2. ChainLocks

LLMQは、新しいマスターノードの仕組みだ。トランザクションの監視と検証を、選出された240のマスターノードが行うことで、ノードとマイナーへの依存度を下げ、51%攻撃の耐性が向上したという。また、全体で必要なハッシュパワーが約半分になり、過剰なエネルギー使用を抑えることに成功したとしている。

ChainLocksは、ブロックチェーンに追加されたブロックを恒久的に固定し、再編成を無効にする技術だ。LLMQの導入により実現し、こちらはセキュリティが向上したという。

この2つの新技術により、仮にマスターノードを支配して不正を行うには、60%以上を占める必要がある。それには1ノードあたり1,000dash(約1,700万円)の担保金と承認が必要であるため、非現実的だ。

DashCoreグループのCOOであるRobert Wicko氏は、今回の新技術を、以下のように端的に説明している。

「ChainLocksは51%攻撃を排除し、LLMQはダッシュにペイントの域を超えた利用方法をもたらすだろう」

ダッシュロードマップでは、年内にダッシュコアv1.0がリリースされる。そこでは分散型データストレージ機能やSDK(一般開発者用ツール)が追加される予定だ。今後の展開に期待したい。

(画像はhttp://www.dash.io/より引用)

コメントを残す

ロジャー・バー氏、「BCHが崩壊寸前という話はフェイクニュース」と主張

 仮想通貨業界の一部の人々はビットコインキャッシュ(BCH)……

Cryptocurrency News

Rippleが国際送金のMoneyGramに出資、xRapid正式導入も

米大手送金企業のMoneyGram(マネーグラム)社が、Ri……

編集部

バイナンスCEO、BNBが米国でサポートされるか分からない

 大手仮想通貨取引所のバイナンスはそのネイティブトークンであ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>フェイスブック、独自通貨「リブラ」を20年に開始

 19日午前9時20分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

Facebookが独自通貨Libraのホワイトペーパーを公開

18日、Facebookは独自通貨プロジェクトとして進めてき……

編集部

韓国の交換所、リップルの国際送金ネットワークに参加

 韓国の仮想通貨交換所が活動範囲を広げようとしている。同国の……

Cryptocurrency News