バイナンスが仮想通貨Grinサービスへ2度目の支援、決済サービス対応サイト拡大へ

編集部

  • 0

オープンソースの仮想通貨関連サービスを支援するBinance Labs Fellowship(バイナンス・ラボ・フェローシップ)が、仮想通貨Grin(グリン)のペイメントサービスであるKnockturn Allee(ノックターン・アレー)を支援することを、バイナンス・ラボが12日に発表した

バイナンス・ラボは、グリンのウォレットサービスを先月から支援しており、グリン関連サービスへの支援はこれで2件目になる。

グリンは公平性や非中央集権性を実現するために、今年1月にリリースした仮想通貨プロジェクトだ。近年注目されている匿名技術であるMimbleWimble(ミンブルウィンブル)が利用されている。また、バイナンスは同技術の関連企業に投資し、加えてグリン関連サービスを支援していることから、ミンブルウィンブルに強い興味を示していることが分かる。

ノックターン・アレーは、グリンのペイメントサービスだ。すでにベータ版がリリースされており、ワードプレスのプラグイン(機能追加)で利用できる。また、サービス名は著書「ハリー・ポッターシリーズ」に登場する店舗名から取っている。なお、ミンブルウィンブルも同著の登場人物名から取っている。

ノックターン・アリーの開発者であるAlexey Miroshkin氏は、元IBM社員でコンピューター博士号を保有取得している。現在はグリンの関連開発を行うスタートアップであるcycle42に所属し、グリンの開発にも携わっている。

今回バイナンス・ラボの支援により、より多くのECサイトへノックターン・アレーを対応させることができるとしている。また、実際の店舗決済ができるプロダクトの開発も予定しているという。加えて、グリン本体の開発サポートにも注力するようだ。

Miroshkin氏は、グリンで決済することの重要性について、次のように述べた。

「グリンは秘匿性があるため、今の経済で利用されることで真価を発揮する。今後の目標は、企業や店舗が簡単に利用できるペイメントサービスを開発することだ」

(画像はhttps://www.binance.com/より引用)

コメントを残す

イスラエル規制当局がBC企業をサポートも、業界に悩み残る

 イスラエルの金融規制当局は同国でのライセンスを求めているB……

Cryptocurrency News

EOSが音楽パートナーを獲得、デロイトは「BIAB」をリリース

 大手銀行、交換所、技術系企業が参加しているBC(ブロックチ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>バイナンス、独自地域版仮想通貨「ヴィーナス」計画を発表

 20日午前9時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

英国の10代、犯罪行為で40万ドル超のビットコイン稼ぐ

 暗号通貨には一定の魅力がある。技術を知らない人は仮想通貨の……

モーニングスター

株式動向に警戒も底堅い推移を予想

Crypto Market Weekly 8月16日号 ……

松嶋真倫

リップル社、2億6300万ドル相当のXRPを出資、19年に27%下落

 リップル社の投資部門であるスプリングが、ブラウザ内支払処理……

Cryptocurrency News