BTC価格ウォッチ:強気の上昇は恐らく継続

モーニングスター

  • 0

 当記事執筆時点で、ビットコインBTC)は1BTC=1万1872ドル前後で取引されている。これは過去数週間で取引されていたほどの高値ではないが、前回の価格分析と比べると強気なポジションを保っている。

ビットコインはより大きな目標に向かう可能性有

 ビットコインはここ3カ月間、比較的好調だった。4月にはまず5000ドルに戻り、以降堅調な動きが続いているが、あちこちで多少のもみ合いは生じた。上昇中に時折ビットコインの足元が崩れることがある。これはそうした時期の1つだ。

 こうした調整は、特に急な上昇が生じた際に発生しやすい。ビットコインの場合24時間で1000ドル超の急騰が続いていたので、はしごを登る前に多少減速し調整したいと考えるのは自然なことだ。

 ビットコインは間もなくさらに上抜けると全てのテクニカル分析が示唆しているような状況では特に、これらの問題に悩まさるわけにはいかない。例えばある情報筋は、ビットコインには1万3464ドルまで大きなレジスタンスが存在しないと示唆している。これは2、3週間前に記録したばかりの直近の高値である約1万3600ドルに近い水準だ。したがって、ビットコインは数週間で何度か急騰した後、一服する可能性が高い。

 興味深いことに、他の情報筋はビットコインの最近の上昇は大衆の関心とほぼ関係がないと指摘している。チャートとデータは、ビットコインや様々な仮想通貨に関連したグーグルの検索数が以前ほど多くないことを示している。したがって、検索数はビットコインが最近上昇し続けているという事実と必ずしも関連していない。

●支持者と同様にタフな通貨

 これにはいくつかの理由が考えられる。最も可能性が高いのは、現在のビットコインの動きは投機ではなく適正な市場トレンドに基づいている部分が大きいというものだ。例えば、過去2週間で発生した下落は18年のそれよりも比較的小規模で、ビットコインはこの期間中常に何とか回復している。これは2、3年前と比べビットコインの成熟度と強さが新たな段階に達した可能性を示唆している。

 どちらにせよ、投資家がビットコインに価値を見出し続ける限り、ビットコインは強くなり続けるだろう。フレクサといった企業は小売店が将来的に商品やサービスの決済手段として仮想通貨を受け付けられるよう努力しているので、このデジタル資産分野にさらなる適正化の波が訪れる可能性は高い。

(イメージ写真提供:123RF)

コメントを残す

8月22日のBTCの見通しと分析:BTCはさらに下落

●テクニカル分析  週足で見ると、ビットコイン(BTC)は……

モーニングスター

BTC=100万円(9,400ドル)で下げ止まるか 引き続き底固い推移を予想

Crypto Market Weekly 8月23日号 ……

松嶋真倫

ビットコイン報酬プログラム、提携により拡大

 仮想通貨とブロックチェーン(BC)を採用するための主要なパ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン1万ドル台回復

 23日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

プンディXがベネズエラで契約、携帯電話会社が仮想通貨支払いに対応

 2件の新たな発表により、仮想通貨の採用拡大が示された。今回……

Cryptocurrency News

8月21日のBCH、BTC、ETHの見通しと分析

●ビットコインキャッシュ(BCH)価格分析(BCH/USD)……

モーニングスター