7月11日のBTC、BCH、EOSの予想と分析

モーニングスター

  • 0

ビットコインBTC)価格分析(BTC/USD)

 BTC/USDペアは直近24時間で弱気の見通しを示した。ビットコインは1BTC=1万2864ドル割れで短期的に値固めした後、急落し始めた。この下降トレンドは、弱気のサインである7日間MA(移動平均)を上抜けた21日間MAによってサポートされた。さらに、下降チャネルも弱気の地合いを裏付けた。

 BTC/USDペアは急な動きで1万1168.68ドルの日中安値を付けた後、1万1448.87ドルに回復した。ビットコインは直近24時間で11.05%下落しており、これは売り圧力の増大を示している。これにより、重要なサポート水準は1万1686.21ドル、レジスタンス水準は1万2119.37ドルとなった。RSI(相対力指数)も弱気の値動きを反映している。UTC(協定世界時)で10日午後8時頃と11日午前4時頃には、売られすぎの領域を示唆する30割れで取引された。

ビットコイン価格予想

 現時点ではRSIは横ばいとなっており、勢いの欠如を示している。そのため、1万1398.00ドルで短期的な値固めが予想される。しかし買い方が動きを強めれば、この弱気の反発は乗り越えられる可能性が高い。新たな目標値は1万2000.00ドルに設定すべきだ。

ビットコインキャッシュBCH)価格分析(BCH/USD)

 ビットコインと同様、ビットコインキャッシュも直近24時間にわたって弱気な取引となった。ビットコインキャッシュは大幅安となり、17.9%下落した。この急落は1BCH=414.9ドルで始まり、現在は340.6ドルで取引されている。この下方向への勢いは、7日間MAを上抜けた21日間MAによって強められた。

 414.0ドル割れで短期的な値固めが確認され、これはサポート水準としても機能した。ビットコインキャッシュはその後下落し、380.0ドル割れで値固めした。UTCで11日午前3時頃にはさらに下落し、315.0ドルの安値を付けた後、現在の値まで回復した。

 この弱気の動きを反映し、RSIはほとんどの時間で30を下回り、売られすぎの状態を示した。これは売りの増加を示唆している。また、RSIは上向いており、投資家が上昇を期待しショートに消極的になっていることを示している。

ビットコインキャッシュ価格予想

 強気の地合いとなる可能性が高い。これはRSIが上向き、強気の兆候を示しているためだ。新たな目標値は380.0ドルに設定すべきだ。

イオスEOS)価格分析(EOS/USD)

 EOS/USDペアも直近24時間で弱気な見通しとなった。イオスは1EOS=5.8286ドルから4.6155ドルへ20.8%下落した。7日間MA越えで推移する21日間MAが、この弱気の反発を示唆していた。

 イオスは短期的に値固めし、5.8027ドルから5.087ドルに下落。売り圧力の増大が確認された。どうやら、イオスをさらに下落させようとする売り方が市場を支配しているようだ。

 RSIは30を下回り続けており、直近24時間の大半で市場が売られすぎの領域にあることを示している。これは、イオスの信頼低下による売りの増加を示唆している。

イオス価格予想

 概ね弱気な見通しにもかかわらず、RSIの上昇が示している通り強気のサインが確認されている。新たな目標値は5.0000ドルに設定すべきだ。

(イメージ写真提供:123RF)

コメントを残す

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>急騰、中国で「ビットコインは資産」との判断

 19日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

フォビ、新たなステーブルコインを発表

 仮想通貨交換所のフォビは18日から現行のHUSD(フォビU……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>リブラ信用不安続く中、売り一服

 18日午前9時30分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター