ETHマイニング報酬、3ETHから2ETHへ減額が決定

さがえ

  • 0

仮想通貨イーサリアムのマイニング報酬を3ETHから2ETHに減額させる提案が8月31日の定期ミーティングにおいて決定した。次回のハードフォーク「コンスタンティノープル」に報酬減額のコードが組み込まれる予定である。

毎週金曜日、Ethereumのミーティングが開催されていて、ミーティングでは開発者だけでなく、マイナーや大規模なETHオーナーの代表も参加できる。会議や通話はYoutubeでライブ中継される。

現在既に1億以上のイーサリアムが発行されている。Ethereumの共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)は、2100年まではこの数字に達しないと考えていた。マイニングのインセンティブを減らし、新規発行数を抑えるために、以前からマイニング報奨を削減する予定であった。マイナーは報酬の減額に反対したが、今回のミーティングで1ブロックあたり33.3%の報酬減額が決定した。

今回のミーティングではマイニング報酬減額の他に、イーサリアム・ネットワークからの改善策としての提案であったEIP-1234を採用することが決定した。また、ブロックチェーン上での承認の難易度を高める「Difficulty Bomb(ディフィカルティボム)」の調整を12ヶ月遅らせることが決定された。

今回のミーティングでマイニング報酬の減額が決定したが、これにより、日本、アメリカなど電力費が高い国では特に利幅が小さくなるため、マイニング事業を継続することが難しくなる。よって、今後は中国などがマイニングの中心となっていくことが予想される。

現在1イーサリアムは32,000円ほどで取引されている。シカゴ・オプション取引所(CBOE)がETHの先物取引の開始を決定したことによって、価格は上昇することが期待されていたが、今回の報酬減額によって一時的に下落することも予想される。

コメントを残す

『金持ち父さん 貧乏父さん』著者「仮想通貨は債券に取って代わる」と発言

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキ氏……

編集部

「不明瞭な規制基準」に交換所のポロニエックスが不満

 米国で人気の仮想通交換所ポロニエックスは、「米国内の規制が……

Cryptocurrency News

Poloniexが米ユーザーに対し9銘柄取扱い停止、Coinbaseと対照的な動き

米仮想通貨取引所Poloniexが、米国に居住するユーザーに……

さがえ

BTCは今週で30%上昇、調整売りに警戒も上昇トレンドは継続か

Crypto Market Weekly 5月17日号 ……

松嶋真倫

シェイプシフトCEO:ビットコインにはバブル伴う

 仮想通貨交換所シェイプシフトの創業者でCEO(最高経営責任……

Cryptocurrency News

イーサリアム先物が上場か、CFTC「準備が整った」

米商品先物取引委員会(CFTC)がイーサリアム(ETH)の先……

編集部