フィリピンが仮想通貨取引所の規制案を発表へ

編集部

  • 0

フィリピンの証券取引委員会(SEC)が、仮想通貨取引所の運営を正式に許可する可能性があると、現地メディアのマニラタイムズが報じた。仮想通貨取引所に規制については、証券取引委員会とフィリピン中央銀行が連携して行う。

SEC委員長のエフィーロ・ルイス・アマトン氏は、投資家を守るというSECの義務を踏まえて、仮想通貨取引所にも一定の規制が必要だという認識を示した。アマトン氏の発言によると、SECは来週末までに規制案を発表する見通しであり、オーストラリアやスイスにおける仮想通貨取引所に関する規制が参考にされる可能性がある。

フィリピンは今年の2月、マネーロンダリングの懸念やフィリピン国内における詐欺的なICOの増加、コインチェックの事件などを受けて、仮想通貨取引やICOの規制に向けたルール作りに着手していることを明らかにしていた

一方で、フィリピンは仮想通貨やブロックチェーン技術を重要視してきた国でもある。

今年の4月には、同国のカガヤン経済特区において、仮想通貨やブロックチェーンに関連する事業を営む10社の営業を認める予定だと発表。それらの企業は、仮想通貨取引所の運営やマイニング、ICOなどを行うことが出来るとしており、7月には、実際に3つの仮想通貨取引所に仮免許を発行した

カガヤン経済特区で免許を取るには、現地人を雇用すること、2年間で100万ドル以上を投資すること、ライセンス料として10万ドルを支払うことなどが要求される。将来的には、カガヤン経済特区でブロックチェーンやフィンテックの大学を開設することも検討している。

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

未登録の仮想通貨ICOプロジェクトが罰金を免れる

米SECが2月20日、未登録ICOについて自己報告したセキュ……

編集部

<今日の仮想通貨市況>新経済連、仮想通貨規制に対し要望書を提出

 15日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

新経済連盟が仮想通貨規制に関する要望を金融庁に提出、楽天の思惑とは

新経済連盟が「暗号資産の新たな規制に関する要望」を金融担当大……

さがえ

“STO”= 新たなブロックチェーン証券の市場は拡大するのか

最近、ICOに代わって、ブロックチェーンを使っ……

大槻奈那

FSB新議長、仮想通貨は「あらゆる金融体制」に課題もたらす可能性

 FSB(金融安定理事会)の新議長は、世界金融の脆弱性を……

CoinDesk

フィリピンICO規制、500万ドル以上の調達は取引所上場が必須

フィリピンの経済特区であるカガヤン経済特区(CEZA)の自主……

編集部