フォーブスとシビルが提携、BC上でコンテンツ提供

CoinDesk

  • 0

 ビジネスメディア大手のフォーブスが、BC(ブロックチェーン)へ移行しようとしている。

 シビルの共同創設者であるマット・クーリッジ氏の9日のブログ記事によると、隔週発行の雑誌を出版し日刊ニュースのポータルサイトを運営しているフォーブスは、シビルが提供している分散台帳を用いたプラットフォーム上に自社コンテンツを移行しようとしている。

 この提携の一環として、フォーブスは同プラットフォーム上で既存コンテンツのアーカイブを開始し、シビルと共に「新たな手法での読者との関係構築を試みる」という。

 フォーブスで製品・技術担当の専務取締役を務めるサラー・ザラティモ氏は、フォーブスはジャーナリズム業界が今後どうなるかだけでなく、読者を引き付ける方法を見つけ出すための「迅速な試験と導入に非常に力を入れている」と述べた。

 同氏は次のように付け加えた。

 「フォーブスとシビルはジャーナリズムの使命を固く信じている。我々の提携により、当社のコンテンツについて、これまでになかった水準の透明性を読者に提供できる。さらに、記者の活動範囲を拡大し、やがては新たな収益ルートを見つけ出すことができるだろう」

 この試験は19年に開始する予定で、まずフォーブスは一部の記事のメタデータをBCプラットフォーム上で公開し始める。報道発表によると、両社がこれに成功すれば、フォーブスはすべての記事のメタデータをシビルのプラットフォーム上で公開することになるという。フォーブスは基本的に、記事の存在証明を同プラットフォーム上に保管する予定だ。

 フォーブスの記者と編集者は、自社のCMS(コンテンツ管理システム)に統合されたBC出版ツールを利用することになる。このツールにより、著者の身元や記事の出典に関する情報といったメタデータを、同社のプラットフォームに追加する作業が効率化できる。

 さらに、アキソスの報道によると、寄稿者がCMSを介してフォーブス、シビル、そしてブログ・プラットフォームのメディアムなどで記事を公開できるようにするため、フォーブスはスマート・コントラクトの利用を検討している可能性があるという。

(イメージ写真提供:123RF)

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

サムスン、ギャラクシーS10に仮想通貨の秘密鍵用ウォレット搭載

 サムスンの最新の主力スマートフォン(スマホ)に、仮……

CoinDesk

<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

WGC、仮想通貨は貴金属に「代替しない」

 WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が、仮想通貨は……

CoinDesk

HuobiにBitTrade売却したチェン氏、仮想通貨取引所ABCCを買収

シンガポールの仮想通貨取引所ABCCが、共同創業者であるカル……

編集部

Twitterでビットコインを投げ銭、ライトニングネットワーク利用のTippinが発表

ライトニングネットワークを利用したウォレット・サービスを提供……

編集部

ドイツ、国家BC戦略について業界からの意見求める

 19年夏までのBC(ブロックチェーン)戦略策定に先立ち……

CoinDesk