中国は人民元ステーブルコインを検討すべき、人民銀行研究者のレポートを公表

  • 0

中国の人民銀行(PBoC)の研究者は国内機関に対し、中国人民元を紐づけたステーブルコインの発行を検討するべきだと主張している。人民銀行が運営するウェブサイト中国金融で9日、復旦大学の教授らによるレポートが公表された

ステーブルコインとは法定通貨などによって担保され、その資産に価格が連動する仮想通貨のことである。一般的に仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が高いが、ステーブルコインは値動きが安定するとされる。今回公表されたレポートでは、Tether(USDT)やGemini Dollar(GUSD)、Paxos Standard(PAX)など、主に米ドルと連動するステーブルコインの状況がまとめられている。

レポートでは、ステーブルコインを導入した際の影響が述べられている。第一にステーブルコインが最終的には金融仲介業者に取って代わり、仲介業者が必要なくなると述べている。第二に中央銀行が金融政策によりステーブルコインを規制することが困難となり、一度導入してしまうと現行の金融政策の枠組みを再現することは難しいという。そして第三にドル建てのコインの普及により、国際通貨制度に影響を与えることを挙げている。これはステーブルコインが広く普及した場合の影響であり、ステーブルコインで最も時価総額が高いTetherでも仮想通貨全体の1.2パーセントしか占めていないので、現時点では問題はないだろうと結論付けている。

こうした現状への中国の対策として、ドル建てのステーブルコインの使用を認めないこと、また人民元建てのステーブルコインが発行できるかどうか慎重に調査を進めるべきだとした。

ステーブルコインに関する動きは世界中で活発だ。9日にはGMO社が日本円に連動するステーブルコインの構想を発表したばかりだ。またステーブルコインの活用事例も出てきている。8日にはドバイでステーブルコインを用いた決済サービスが発表された。このサービスはドバイの国営会社が提供するもので、UAEの法定通貨UAEディルハムに連動するステーブルコインを用いた各種支払いが可能だ。政権与党の広報は、「国民にブロックチェーンベースの決済ソリューションを提供することは、ドバイにとってわくわくする瞬間だ。国際的な技術拠点としてのドバイの地位を確立するだろう」と述べている。

執筆者:マネックス仮想通貨研究所編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮想通貨決済bitpay、ステーブルコインに対応。テザーは不採用

米国に拠点を置く、仮想通貨決済サービスのbitpay(ビット……

さがえ

Money Match社、リップルの「xVia」を用いた国際送金に成功

マレーシアのフィンテック・スタートアップであるMoney M……

マネックス仮想通貨研究所編集部

米資産運用大手フィデリティ、機関投資家向け仮想通貨サービス開始を正式発表

アメリカ大手の資産運用会社のFidelity Investm……

マネックス仮想通貨研究所編集部

リップルが一番人気、Twitter調査でビットコイン他を圧倒

イギリスの仮想通貨決済サービス企業Wirexが行なったTwi……

マネックス仮想通貨研究所編集部

香港、仮想通貨取引所の規制を検討

香港の証券先物委員会(SFC)の唐家成(カールソン・トン)首……

さがえ

ビットコイン開発者のソン氏、EOSは詐欺であると発言

CryptoInsiderが12日に行ったインタビューにて、……

さがえ