中国人民銀行、デジタル通貨開発のため人材募集

CoinDesk

  • 0

 CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の開発を進めている中国人民銀行(中央銀行、PBoC)が、BC(ブロックチェーン)技術と法律の専門家を採用しようとしている。

 9日に掲載された複数の求人広告によると、PBoCは現在、システム・アーキテクチャ、チップ設計、BCの開発と応用、暗号処理及びセキュリティ・プロトコルの設計を専門とする4名のエンジニアを採用しようとしている。

 職務記述書によると、採用されたエンジニアは、法定通貨とリンクしたデジタル通貨ソフトウェア、暗号処理及びセキュリティ・モデル、そしてデジタル通貨取引の終端となるプロセッサーチップの開発を担当することになる。

 PBoCはさらに、CBDC立ち上げによる法的・経済的影響を研究する人員も増やそうとしている。

 同行の研究所は、経済理論の分析とCBDC発行に関する通貨メカニズムの設計、そしてあらゆる潜在的な規制上のリスクについて重点的に取り組む、金融と経済の専門家2名を募集している。

 同行17年7月にデジタル通貨研究チームを立ち上げたが、このチームの現在の規模は公表されていない。しかし新たな人材を募集することで、仮想通貨の基本的機能を備えた人民元に基づく国家デジタル通貨を開発・提供する取り組みを強化していると推察される。

 今回の人材募集の動きに先立ち、コインデスクは最近、デジタル通貨研究所が設立から12カ月間で40件以上の特許を出願したと報じていた。これらの特許出願をつなぎ合わせることで、PBoCが自らの目標にどのように取り組んでいるのかという全体像がうかがえる。

 それぞれの特許出願は、デジタル通貨システムの特定の要素に焦点を当てたものだ。全てを組み合わせて見ると、デジタル・トークンを発行しピア・ツーピア形式での保管と取引が可能な技術が記述されている。

(イメージ写真提供:123RF)

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

コメントを残す

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

日本、規制されたSWIFT類似の国際的仮想通貨決済ネットワークを開発

 日本が仮想通貨に対する先駆的精神をさらに高めようとしている……

CCN

フォビ、新たなステーブルコインを発表

 仮想通貨交換所のフォビは18日から現行のHUSD(フォビU……

Cryptocurrency News

クリプトママが消極的な米国に警告、仏はICOの協議公表

 米国規制当局トップの委員は、確固たる仮想通貨ガイドラインを……

Cryptocurrency News

独シーメンス、BC上でのカーシェアリングを検討

 独技術系大手企業シーメンスが、製造改善、モビリティ、サプラ……

Cryptocurrency News