ビットワイズが2つの仮想通貨新ファンドを開始、投資家の需要に対応

さがえ

  • 0

米カリフォルニア州に拠点を置くBitwise Asset Management(ビットワイズ・アセット・マネジメント)は、新たに2つの仮想通貨ファンドを開始することを発表した。5日にTHE BLOCKが伝えた

ビットワイズは、仮想通貨10種類を運用対象としたインデックスファンドを運営している。今回、一部の仮想通貨に特化したファンドの需要が高まったとして、Bitwise Bitcoin Fund(ビットワイズ・ビットコイン・ファンド)とBitwise Ethereum Fund(ビットワイズ・イーサリアム・ファンド)を立ち上げることを発表した。それぞれビットコインBTC)、イーサリアムETH)だけが投資対象となっている。

ビットワイズは他の仮想通貨市場の商品と比べて、より流動性の高いプラットフォームの提供を目指しているという。THE BLOCKは今回のビットワイズの発表について「米仮想通貨投資会社のGrayscale(グレイスケール)に対抗するためではないか」という見方を示している。グレイスケールでは1年間のロックアップ(売却ができない期間)が設けられているのに対し、ビットワイズでは1週間ごとにポジションの変更ができる。また、グレイスケールよりも手数料は低く設定されているという。

今回の新たなファンドの設立について、ビットワイズCEOのHunter Horsley(ハンター・ホースリー)氏は以下のように述べているという。

ビットコインが年初から68%も下落したことで、投資家たちは市場参入への絶好の機会を得た。誰もが2度と見ることはないだろうと思っていた価格で市場に参入できる」

マイニングマシンメーカー大手のBitmain(ビットメイン)は先月30日、仮想通貨インデックスの提供開始を発表している。価格が低迷する中で、サービスの整備、充実は確実に進められている。

(画像は「Bitwise」ウェブサイトより)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

仮想通貨保管サービスのBitGo、TRONの取扱いを開始

機関投資家向けの仮想通貨カストディ(保管)、ウォレットサービ……

編集部

サムスン、ギャラクシーS10に仮想通貨の秘密鍵用ウォレット搭載

 サムスンの最新の主力スマートフォン(スマホ)に、仮……

CoinDesk

<今日の仮想通貨市況>出遅れ感のあるイオスなどが急伸

 21日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

HuobiにBitTrade売却したチェン氏、仮想通貨取引所ABCCを買収

シンガポールの仮想通貨取引所ABCCが、共同創業者であるカル……

編集部

<今日の仮想通貨市況>ビットメインの巨額損出などが売り材料に

 20日午前9時45分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

<今日の仮想通貨市況>全面高、ETHの買い材料に反応

 19日午前9時30分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター