ビットワイズが2つの仮想通貨新ファンドを開始、投資家の需要に対応

さがえ

  • 0

米カリフォルニア州に拠点を置くBitwise Asset Management(ビットワイズ・アセット・マネジメント)は、新たに2つの仮想通貨ファンドを開始することを発表した。5日にTHE BLOCKが伝えた

ビットワイズは、仮想通貨10種類を運用対象としたインデックスファンドを運営している。今回、一部の仮想通貨に特化したファンドの需要が高まったとして、Bitwise Bitcoin Fund(ビットワイズ・ビットコイン・ファンド)とBitwise Ethereum Fund(ビットワイズ・イーサリアム・ファンド)を立ち上げることを発表した。それぞれビットコインBTC)、イーサリアムETH)だけが投資対象となっている。

ビットワイズは他の仮想通貨市場の商品と比べて、より流動性の高いプラットフォームの提供を目指しているという。THE BLOCKは今回のビットワイズの発表について「米仮想通貨投資会社のGrayscale(グレイスケール)に対抗するためではないか」という見方を示している。グレイスケールでは1年間のロックアップ(売却ができない期間)が設けられているのに対し、ビットワイズでは1週間ごとにポジションの変更ができる。また、グレイスケールよりも手数料は低く設定されているという。

今回の新たなファンドの設立について、ビットワイズCEOのHunter Horsley(ハンター・ホースリー)氏は以下のように述べているという。

ビットコインが年初から68%も下落したことで、投資家たちは市場参入への絶好の機会を得た。誰もが2度と見ることはないだろうと思っていた価格で市場に参入できる」

マイニングマシンメーカー大手のBitmain(ビットメイン)は先月30日、仮想通貨インデックスの提供開始を発表している。価格が低迷する中で、サービスの整備、充実は確実に進められている。

(画像は「Bitwise」ウェブサイトより)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

ビットコインによる納税を可能に、イギリス国会議員が発言

イギリス国会議員のEddie Hughes氏が、同国メディア……

編集部

ソフトバンクがエヌヴィディア株売却を表明、マイニング事業の低迷が原因か

米半導体メーカーNVIDIA(エヌビディア)の株価低迷に伴っ……

さがえ

ケンタッキーフライドチキンで仮想通貨決済が可能に、ベネズエラで導入

ベネズエラのケンタッキー・フライドチキンで、仮想通貨ダッシュ……

編集部

ユニセフファンドがブロックチェーン・スタートアップ6社に投資

UNICEF Innovation Fund(ユニセフ・イノ……

さがえ

ビットコインキャッシュ、ハードフォーク後も対立続く

ビットコインABC(ビットコインキャッシュ/BCH)が時価総……

さがえ

リップルの送金がSiriで可能に、時価総額2位に定着か

一般の開発者により、Apple社製品のiOSやMac OSで……

編集部