中国でブロックチェーン利用のIoT浄水器、使用状況に応じてトークン付与も

さがえ

  • 0

中国の大手通信会China Mobileがブロックチェーンによってデータ管理を行うIoTデバイスの浄水器を開発したことが明らかになった。使用状況に応じてユーザーには独自トークンが付与される。

この浄水器はユーザーの行動をデータ化し、製造元がそのデータを確認できる仕様となっている。データは「SWTC」と呼ばれるパブリック・ブロックチェーンで保存、管理される。さらに、浄水器の使用期間や頻度に応じてトークン「PWMC」が付与され、利用者はフィルター交換や他商品の購入などに使用できるという。現在中国のクラウド・ファンディングサイトで入手でき、同社は1月21日までに3万ドルを調達することを目標としている。

China Mobileの製品責任者Xiao氏は「私たちの目的は、この製品によって仮想通貨やブロックチェーンを知らない人でも、興味を持ってもらうことだ。仮想通貨やブロックチェーンを普及させるためには、専門的と思われているものを、より一般的にしていかなければいけない」と述べた。

China Mobileは今回の製品開発にも、パブリックブロックチェーンを運営するMOACとパートナーシップを締結し、IoTとブロックチェーンを組み合わせた製品開発の標準化に取り組んでいる。

(画像は「z.jd.com」より引用)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

スニーカーの鑑定結果をブロックチェーンに記録、中国ECサイトが導入

中国の大手ファッション企業のYOHO!が、中国のスタートアッ……

編集部

規制等の悪材料通過で、44万円超えはあるか Crypto Market Weekly 3月……

BTCは週初にBCHの急騰に連れ高しBTC=4……

松嶋真倫

ドバイに現金でBTCが購入できるATM誕生

 UAE(アラブ首長国連邦)の最も人口の多い都市であるド……

CoinDesk

台湾でブロックチェーンTV開発中、視聴でトークン獲得

台湾でブロックチェーンを利用したIoTサービスを開発するio……

編集部

CoinMarketCap、仮想通貨格付け情報の提供を開始

仮想通貨市場の情報提供サイトCoinMarketCapが、新……

さがえ

IBMが6銀行とステーブルコイン発行、国際送金市場へ本格参入

アメリカの大手IT企業であるIBM社は、同社が提供するリアル……

編集部