中国でブロックチェーン利用のIoT浄水器、使用状況に応じてトークン付与も

さがえ

  • 0

中国の大手通信会China Mobileがブロックチェーンによってデータ管理を行うIoTデバイスの浄水器を開発したことが明らかになった。使用状況に応じてユーザーには独自トークンが付与される。

この浄水器はユーザーの行動をデータ化し、製造元がそのデータを確認できる仕様となっている。データは「SWTC」と呼ばれるパブリック・ブロックチェーンで保存、管理される。さらに、浄水器の使用期間や頻度に応じてトークン「PWMC」が付与され、利用者はフィルター交換や他商品の購入などに使用できるという。現在中国のクラウド・ファンディングサイトで入手でき、同社は1月21日までに3万ドルを調達することを目標としている。

China Mobileの製品責任者Xiao氏は「私たちの目的は、この製品によって仮想通貨やブロックチェーンを知らない人でも、興味を持ってもらうことだ。仮想通貨やブロックチェーンを普及させるためには、専門的と思われているものを、より一般的にしていかなければいけない」と述べた。

China Mobileは今回の製品開発にも、パブリックブロックチェーンを運営するMOACとパートナーシップを締結し、IoTとブロックチェーンを組み合わせた製品開発の標準化に取り組んでいる。

(画像は「z.jd.com」より引用)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

デジタルガレージ、円建てステーブルコイン発行を視野にブロックストリームと提携

 東京証券取引所上場のインターネット企業デジタルガレージ……

CoinDesk

ビットコインによる個人支援のVALU、新たに5億円調達、Android版もリリース

1月21日、VALUが新たに5億円を資金調達したことが、PR……

編集部

OECD、「ICOはメリットあるが資金調達手段の主流でない」

 OECD(経済協力開発機構)はICO(イニシャル・コイ……

CoinDesk

タイの証券取引所が仮想通貨の取り扱いを計画

 タイ証券取引所(SET)は新たにデジタル資産の取引を取り扱……

CoinDesk

米名門大チームが新仮想通貨Unit-eを発表、打倒ビットコインなるか

複数の米国名門大学の研究者からなる研究グループDistrib……

さがえ

方向感に乏しい展開。BakktのBTC先物取引に関する続報に期待 Crypto Marke……

今週の相場動向 相場回顧 BTCは悪材料相次ぐも底堅く……

松嶋真倫