イギリスの銀行がリップルネット加盟、国際送金のXRP採用は銀行で世界初

さがえ

  • 0

貿易企業へ金融サービスを提供している英ロンドンのEuro Exim Bankは、Ripple社が提供する国際送金ネットワークであるRippleNet(リップルネット)に加盟すると発表された

同銀行は送金手段にリップルXRP)が使用されるxRapidの試験運用をしてきたとコメントしており、実務でも使用される見込みだ。銀行が実務的な国際送金にXRPを使用すると公表したのは、世界で初めてのケースだ。

これまでにMercuryFX、CuallixやCatalyst Corporate Credit Unionなど多くの企業が国際送金でxRapidを利用している。こうした企業は金融事業者ではあるが、銀行のライセンスは保有していない。過去にはWestern Union、MoneyGram、ViamerciasやIDTがxRapidの試験運用をしたが、どれも実務での採用には至っていない。

Euro Exim Bank取締役であるKaushik Punjani氏は「今までは迅速かつ効率的な送金ができていなかった。しかし今回の提携で顧客の利便性は向上するだろう」と述べている。

今回Euro Exim Bankを含めた12社がリップルネットに加わり、合計200社以上が同ネットワークに加盟したことになる。リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏は、「現在、週に2~3社が新たに加盟しており、ネットワーク内での送金額は350%も上昇した」と述べている。

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

オートバイ版Uber、Go-Jekがフィリピンの仮想通貨ウォレットを買収

「インドネシアのオートバイ版Uber」とも言われるGo-Je……

編集部

デジタルガレージ、円建てステーブルコイン発行を視野にブロックストリームと提携

 東京証券取引所上場のインターネット企業デジタルガレージ……

CoinDesk

<今日の仮想通貨市況>トロン異彩高、TRX保有者に新通貨配布を好感

 22日午前9時20分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

ビットコインによる個人支援のVALU、新たに5億円調達、Android版もリリース

1月21日、VALUが新たに5億円を資金調達したことが、PR……

編集部

マネックス松本氏:グローバルな仮想通貨事業取組みは「メリットが大きい」、米子会社が参入

マネックスグループの米子会社であるTradeStation ……

編集部

<今日の仮想通貨市況>軟調、BTC一時40万円台回復も買い続かず

 21日午前11時現在の主要な仮想通貨は、ビットコインが1……

モーニングスター