デジタル広告を集めると特典、博報堂がブロックチェーン活用の新サービス発表

編集部

  • 0

博報堂は31日、ブロックチェーン技術を活用し、デジタル広告をデジタルアセット化(トークン化)した、新しい広告サービスを開発したことを発表した

同社は昨年9月、マーケティング領域でのブロックチェーン技術活用、開発を進める「HAKUHODO Blockchain Initiative」というプロジェクトを発足した。今回発表された新しい広告サービスも、同プロジェクトの一環だ。

発表によると、サービス名称は「CollectableAD(コレクタブル・アド)」で、生活者がデジタル広告(トークン)を集めると、企業から特典を受けられるという。企業のプロモーション活動に生活者が能動的に参加する、新しい形のソリューションだ。

開発は、ユナイテッド社およびShanghai Qi Yin Information Technology社と共同で行われたという。

博報堂はプレスリリースの中で、以下のようにコメントしている。

「これまで情報としてオンラインメディアや企業のサイトに掲出されていたデジタル広告をデジタルアセット化することで、生活者がデジタル広告をトレーデングカードのように集めたり、ユーザー同士で交換したりしながら、決められた一式を揃えると、企業から商品やサービスなどの特典を受けることができます。「CollectableAD」を使ったプロモーションを通じて、生活者は企業から情報を受け取るだけでなく、自ら参加して能動的に楽しむことができるようになります。」

(画像は「博報堂」ウェブサイトより)

コメントを残す

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News

クリプトママが消極的な米国に警告、仏はICOの協議公表

 米国規制当局トップの委員は、確固たる仮想通貨ガイドラインを……

Cryptocurrency News

ビットコイン、初のA評価

 金融格付け機関のワイス・レーティングスは8日、ビットコイン……

Cryptocurrency News

リブラは仮想通貨ではない、金融庁が言及

 フェイスブックのリブラ・プロジェクトは日本では障害に直面し……

Cryptocurrency News

Rippleが国際送金のMoneyGramに出資、xRapid正式導入も

米大手送金企業のMoneyGram(マネーグラム)社が、Ri……

編集部

ビットコイン半減期の14ヶ月前が買い時か、半減期後の約1年間は価格上昇率に相関性

米仮想通貨投資機関のGrayscale(グレースケール)が発……

編集部