CEO急死により多額の資金が凍結の加取引所、売却も検討か

編集部

  • 0

カナダを拠点とする仮想通貨取引所QuadrigaCXの破綻疑惑に関して、現状が明らかになってきた

これまでの報道を整理すると、同社のCEOを務めていたGerald Cotten氏が昨年の12月に急死した。その後、顧客資産を管理していたコールドウォレットのアクセスキーを同氏一人が管理していたことから、運営側で資金を引き出すことができなくなってしまった。なお、このウォレットには全体で約1億9,000万カナダドル(約160億円)もの資産が預けられているという。

このような状況下、先週には取引所のサービスを顧客への事前告知なしに一時停止し、先月31日にはノヴァスコシア州立最高裁判所に債権者保護を申請した。債権者保護が適応されたことにより、同社は凍結資産への対応に関して30日間の猶予を与えられ、現在は同社の代理を務める弁護士を中心に、今後の対応策について議論しているという。

QuadrigaCXは、今回の事件が起きる以前の昨年1月からカナダ・インペリアル商業銀行(CIBC)に口座を凍結されており、顧客に対しての借金約2億6,000万カナダドルを返却できない状況となっていた。コールドウォレットのアクセス管理を複数人ではなくCEO一人で行っていたということからも、同社の社内管理態勢の杜撰さが伺える。

取引所での顧客資産の管理方法を巡っては、昨年日本においても大変な話題となった。ホットウォレットとコールドウォレットの管理割合をどうするべきか。アクセスキーは誰がどのように管理するべきか。

これらの統一的なルールについては、現在も金融庁と国内の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)との間で頻繁に議論されている。日本国内で本件と同じような事態が起きない為にも、早急なルール作りが必要と言えるかもしれない。

コメントを残す

野村HD、Ledger、他1社提携のカストディアンKomainu、2020年にサービス開始……

野村HD、Ledger、Global Advisorsが共同……

さがえ

100万ドル相当のビットコインを求めてプレーするゲーム、Satoshi's Treasur……

100万ドル相当のビットコインを求めてプレーするSatosh……

さがえ

GW前のポジション整理売りで、上値の重い展開を予想 Crypto Market Weekl……

BTCは、取引所の相次ぐBitcoinSV(B……

松嶋真倫

SBIVCがBCHの取扱いを廃止、対立関係にあるBSV廃止の動きが強まる中で発表

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が16日、同社の……

編集部

コインベースカストディGM、懸念されていたテゾス報酬サービスの安全性を説明

コインベースカストディのゼネラルマネージャーであるSam M……

編集部

リトアニアが厳しい仮想通貨規制を採用か、同国企業CEOも懸念

EU加盟国であるリストニアが、仮想通貨規制をより厳しいものに……

編集部