米大手銀ウェルズ・ファーゴのATM停止に対し、仮想通貨業界から批判相次ぐ

さがえ

  • 0

米大手銀行のWells Fargoが、サーバー障害によるATMの停止を認め、それについて謝罪するツイートを8日に投稿した。この件に関して、仮想通貨業界からは、銀行システムを批判する声が上がっている。

Wells Fargoは資産額で全米第4位を誇る大手銀行である。今回のサーバー障害に伴い、ATMの利用停止に加え、オンラインバンキングおよび同行のモバイルアプリにもアクセスできなくなるなどの影響があった。同行は今回のシステム障害に関して「出来るだけ早くシステムを回復させるよう努めている。ご不便をおかけして申し訳ない」とツイートしている。

本件に関して、仮想通貨業界から、銀行システムの脆弱性に関する批判の声が相次いで上がっている。デジタル資産中心のインデックスファンドMorgan Creek Digitalの創業者Anthony Pompliano氏は、中央集権の銀行システムのセキュリティレベルの低さとシステム停止の脆弱性を指摘し、「ビットコインが停止することはない」と述べた

また、仮想通貨ウォレットDivi ProjectのCIOであるNick Saponaro氏は以下のように述べた

「自分の資産を自分で管理することが最優先事項であることを証明するよい例である。お金が銀行にあるとき、そのお金は銀行のものである。もしシステム障害が起これば、今回のように自分の資産にアクセスできなくなる。これは、仮想通貨では起こり得ない」

仮想通貨取引所では通貨はブロックチェーン上に保存されていることから、中央集権の銀行システムと比べてセキュリティレベルは高いとされている。しかし、ハッキングや51%攻撃などのリスクは否定できない。先月にも、イーサリアムクラッシクのネットワークに対する51%攻撃があり、被害総額は1億円以上とも報じられている。

コメントを残す

仮想通貨交換所OKコイン、保管サービスのプライムトラストに出資

 仮想通貨交換所のOKコインは仮想通貨カストディ(保管)……

CoinDesk

GW前のポジション整理売りで、上値の重い展開を予想 Crypto Market Weekl……

BTCは、取引所の相次ぐBitcoinSV(B……

松嶋真倫

<今日の仮想通貨市況>バイナンス、独自ブロックチェーン設定を好感

 19日午前9時55分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

<今日の仮想通貨市況>南米資金、BTCに流入か

 18日午前10時50分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

トランプ大統領の不法移民対策、仮想通貨の追い風となるか

米国のドナルド・トランプ大統領が不法滞在する移民への対策とし……

編集部