HuobiにBitTrade売却したチェン氏、仮想通貨取引所ABCCを買収

編集部

  • 0

シンガポールの仮想通貨取引所ABCCが、共同創業者であるカルバン・チェン氏と、HuobiのBitTrade買収を手がけた投資家エリック・チェン氏による共同投資ファンドによって、買収されたことを発表した

同ファンドはABCCの株式の過半数を取得したという。なお、ABCCは、同ファンドによる買収後も営業を続けるようだ。

ABCCは、シンガポールに本社を持つ仮想通貨取引所で、主に欧州と東南アジアで利用されているという。世界の取引所高ランキングは、現在240位中233位だ

また昨年1月に、TRC10トークンが上場する最初の取引所になることが、TRONのCEOであるJustin Sun氏のツイッターで発表されたTRC10とは、TRONブロックチェーンの技術標準で、それに基づき発行されたトークンの総称を、TRC10トークンと呼ぶ。

カルバン・チェンは、シンガポールの実業家だ。ABCC共同創業者でありながら、今回の買収元となる投資団体の一員だ。また昨年1月に、2011年創業の中国の仮想通貨取引所兼マイニング事業者であるBTCCを買収した

エリック・チェン氏は、仮想通貨業界のシリアルアントプレナー(連続起業家)だ。同氏は昨年5月に、日本の仮想通貨交換業者であるBitTradeの全株式を、約4,900万ドルで取得した。その後同年9月、BitTradeの株式の過半数を、Huobiに売却している。そして先日、BitTradeが社名をHuobi Japan(フォビジャパン)に変更したことで、同氏は取引所同士の買収を成功させたことになる。

エリック・チェン氏は、今回の買収に関して次のように述べた。

「仮想通貨業界での戦略的な提携と、規模を拡大する計画により、ABCCを世界を牽引するプラットフォームに成長させることができると確信しています」

この発言から、今後もABCCに関して何らかの取組があることがうかがえる。同氏の知名度がABCCの今後の取り組みに何らかのプラス効果をもたらすかもしれない。

(画像は、https://www.techinasia.com/より引用)

コメントを残す

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>急騰、中国で「ビットコインは資産」との判断

 19日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

フォビ、新たなステーブルコインを発表

 仮想通貨交換所のフォビは18日から現行のHUSD(フォビU……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>リブラ信用不安続く中、売り一服

 18日午前9時30分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター