AIを活用した仮想通貨取引所OceanExが正式リリース

編集部

  • 0

仮想通貨取引所のOceanExが、正式にリリースしたことを発表した

同取引所は、昨年11月からOceanEx 1.0(ベータ版)でテストを行なっていたが、およそ4ヶ月に及ぶ期間を経て、正式に「OceanEx 2.0 Atlantic」をリリースすることを発表した。

今回のOceanEx Atlanticについて、同取引所は以下のように述べている。

「OceanEx Atlanticは、新たな旅の出発点を意味している。(顧客の)取引体験により高レベルなセキュリティと専門技術を加え、当社のコミュニティおよびパートナーとより包括的なOceanExエコシステムを確立することを目的としている」

同取引所の特徴として、VeChainというブロックチェーン・エコシステム内のAIシステムをプラットフォームに用いている。AIを利用したリスク検出アルゴリズムをリスク管理システムの中に実装することにより、顧客の資産をより適切に保護できるという。

VeChainは、もともとPwCのインキュベーションプログラムから誕生した企業向けブロックチェーン・プロジェクトだ。プラットフォーム内では、商品の追跡(トレーサビリティ)や真贋鑑定ができ、あらゆる業界のサプライチェーンに対する導入を目指している。コンセンサスアルゴリズムには、認可を受けたノードのみが承認作業を行う「Proof of Authority(PoA)」を採用している。同取引所は、VeChain上で発行されるVETやVTHOといった仮想通貨を上場している。

今月には、スマートコントラクト監査を行う企業であるCertiK社との提携を発表しており、セキュリティの向上を実現できるとしている。

今後同取引所は、VETやVTHO以外の仮想通貨も、上場基準を満たしていれば取扱う予定だとしている。また、他サービスとの提携に関しては、「よりエキサイティングな提携が今後発表される」とコメントしている。

(画像は「OceanEx | Medium」ウェブサイトより)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

ブロックチェーンによるデータ管理

あらゆる分野への応用が検討されるブロックチェーンだが、その本……

松嶋真倫

ホワイトハウス、FBIの元セキュリティエンジニア、DEX開発に参画

安全性の高いDEXを開発するplatinum DEXは13日……

編集部

Apple PayやSamsung Payで仮想通貨QTUMが利用可能に

仮想通貨クアンタム(QTUM)は、モバイル決済アプリZEUX……

編集部

取引高は拡大も、売り買い拮抗でボックス圏 Crypto Market Weekly 3月1……

BTCは材料難の中BTC=43万円付近で方向感……

松嶋真倫

エストニアの医療分野におけるブロックチェーン活用

IT大国エストニアとは エストニアは旧ソ連から独立した19……

編集部

ブロックチェーンの農業への応用

人々の注目を投機的な側面で集めた仮想通貨業界は、現在その背後……

編集部