モネロの送金サービスがアメリカでの提供を終了

編集部

  • 0

ビットコインのコアチームメンバーであるXMR.toが、アメリカでのサービス提供を終了する。Moneroモネロ)のredditぺージを介して発表した

xmr.toは、匿名性の高いモネロの性質を利用しながら、ビットコインでの支払いを行うことができるサービスだ。XMR.toに、送金先のアドレスと金額(BTC)を入力すると、必要な金額がモネロで表示される。そのモネロを送金すると、XMR.toが仲介役として、ユーザーに代わってビットコインでの支払いを行う仕組みとなっている。

モネロは、全仮想通貨中の時価総額が現在14位で、取引履歴や送金主が第三者にはわからない、匿名性を特徴に持つ。その匿名性の高さなどを理由に、取引所のCoincheck(コインチェック)社は、過去に取扱いを停止している。

同団体は今回、redditで「当分の間、米国内で顧客にサービスの提供を行わない」と投稿した。詳細な理由は明らかになっていない。

現在、ヨーロッパ諸国では、仮想通貨規制が比較的厳しくない傾向にある。特にスイスでは、仮想通貨に連動する上場取引型金融商品(ETP)としての取引も開始されており、先日にはXRPに連動するETPがリリースされている

対してアメリカは、マーケットも大きく、他国への影響力が高いこともあってか、規制が比較的厳しい。また、州ごとに法律が定められていることが、仮想通貨に関連するプロジェクトやサービス提供企業にとって負担になっていることも、今回の撤退の理由のひとつとして考えられる。

同団体は、今後の方針について以下のように述べている。

「弊社は自社の法務部と協力して、今後の最善の方法を探っていく」

(画像は「XMR.to」ウェブサイトより)

コメントを残す

『金持ち父さん 貧乏父さん』著者「仮想通貨は債券に取って代わる」と発言

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキ氏……

編集部

「不明瞭な規制基準」に交換所のポロニエックスが不満

 米国で人気の仮想通交換所ポロニエックスは、「米国内の規制が……

Cryptocurrency News

Poloniexが米ユーザーに対し9銘柄取扱い停止、Coinbaseと対照的な動き

米仮想通貨取引所Poloniexが、米国に居住するユーザーに……

さがえ

BTCは今週で30%上昇、調整売りに警戒も上昇トレンドは継続か

Crypto Market Weekly 5月17日号 ……

松嶋真倫

シェイプシフトCEO:ビットコインにはバブル伴う

 仮想通貨交換所シェイプシフトの創業者でCEO(最高経営責任……

Cryptocurrency News

イーサリアム先物が上場か、CFTC「準備が整った」

米商品先物取引委員会(CFTC)がイーサリアム(ETH)の先……

編集部