トロント裁判所が281BTC没収の判決、違法薬物売買に使用

編集部

  • 0

ダークウェブを利用して違法薬物の取引をしたとして逮捕されたMatthew Phan(マシュー・ファン)氏から、約281BTCを没収する判決をトロント裁判所が下したことが報道された。現在の価格(1BTC=5,150ドル)で約144万ドルに相当する。

ダークウェブとは、一般的なWebブラウザーではアクセスできない特殊なWebサイトである。匿名性が高いという特性から、薬物や他人のクレジットカード情報など違法なものが売買されることが多い。また没収とは、犯罪に関係のある物の所有権を国に移し、国庫に帰属させる刑罰だ。

ファン氏は、2015年にコカインやヘロイン、マリファナなど末端価格にしておよそ250万ドル相当の違法薬物を所持していた容疑で、トロント警察により逮捕されていた。後の調査により、それらの薬物の購入にはダークウェブであるAgoraとEvolutionが利用されていたことに加え、押収した同氏のウォレットには、逮捕時点で288BTCが保有されていたことが判明した

ビットコインをはじめとする仮想通貨もまた匿名性が高く、ウォレットで保有されていたビットコインが薬物の売買時に使用されたのではないかとの疑いがあった。2月に開かれた公聴会で同氏は、約288BTCの全てが薬物の売買で手に入れたものではないと主張していたが、今回トロント裁判所は薬物の違法売買による収益であるとして281.41BTCの没収を命じた。なお残りの約7BTCに関しては、合法な取引による収益であったことから没収の対象外となった。

この判決に関して、トロント裁判所のKelly(ケリー)判事は以下のように述べた。

「ファン氏のウォレットにあるビットコインが、違法薬物の売買に使用されたものであるとすることは、合理的に考えて推測できることだ」

本件は、カナダでビットコインを没収するケースとしては最高額だ。同国で発生したQuadrigaCXの仮想通貨凍結問題の影響もあってか、当局の仮想通貨に対する厳しい姿勢がうかがえる。

コメントを残す

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>急騰、中国で「ビットコインは資産」との判断

 19日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

フォビ、新たなステーブルコインを発表

 仮想通貨交換所のフォビは18日から現行のHUSD(フォビU……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>リブラ信用不安続く中、売り一服

 18日午前9時30分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター