ビットコインを入手するには

最終更新日:

ここでは、ビットコインをまだ入手したことがない方、または入手はしたけれど、他にどんな方法があるか知りたい方に向け、様々な入手方法をわかりやすく解説していきます。

価格変動が大きいため買うのは怖い……という方もいらっしゃるかと思います。しかし、最近ではビットコインを買うことなく、もらえるアプリなどもございますので、ぜひチェックしてみてください。

ビットコインを買う

ビットコインを入手する方法として一番最初に思いつくのは、日本円でビットコインを買う(日本円とビットコインと交換する)ことだと思います。買う方法にもいくつか種類があります。

取引所、販売所で買う

最もポピュラーな購入方法は、取引所や販売所で買う(交換する)ことです。日本では、コインチェックやビットフライヤー、ビットバンク、DMM Bitcoinなどが該当します。少し紛らわしいですが、株式の世界で証券会社と同じ役割を担うのが、仮想通貨取引所です。

まず最初に、取引所で口座を開設し、その後、銀行口座などから元手となる日本円を入金します。あとは、金額や数量を決めてビットコインを買う、といった流れです。買う時には、各取引所で定められた手数料がかかるので、注意が必要です。

また、取引所と販売所は、ビットコインを買う場所という点において、大きな違いはありません。しかし厳密には、取引所では利用者同士が取引をする仕組みになっているのに対し、販売所は運営会社が保有しているものを買う仕組みになっています。その性質上、販売所の方が手数料が高い傾向にあるので、この点にも注意が必要です。

取扱っている仮想通貨の種類や手数料は、各取引所によって異なります。仮想通貨の代表格であるビットコインは、ほとんどの取引所が取扱っています。

ATMで買う

仮想通貨ATMという存在をご存知でしょうか?実はあまり知られていないのですが、Bitcoin ATM Radarという世界の仮想通貨ATMをまとめているサイトによると、記事執筆時点で世界になんと4,539か所も設置されています。

実際の購入方法は、仮想通貨は実物ではなくデータなので、前提として財布の機能を持つウォレットを持っていないと貯めることができないので用意する必要がありますが(ウォレットについては次の記事で詳しく述べます)、本人確認→購入希望額を日本円で入力→入金→ウォレットのQRコードをかざすという順序で購入できます。本人確認の具体的なやり方には、指紋認証や顔認証などがあります。

なお、日本国内では東京都内に2箇所、つくば市に1箇所、福岡に2箇所に設置されています。興味のある方は、ウォレットを準備した上で、ぜひ行ってみてください。

ビットコインをもらう

自分で買うのは怖いという方は、買わずにもらうこともできます。

送金してもらう(ウォレットは必要)

ビットコインなどの仮想通貨は、簡単に他人に送ることができます。そのため、自分がビットコインを持っていなくとも、家族や知人から送ってもらうことができます。

この方法では、受取る側もウォレット(仮想通貨専用のお財布のようなもの)を持っている必要があります。送る側に、自分のウォレットのアドレスを伝えることで、原則10分以内に処理が完了し、受取ることができます。買うときと同様に、仮想通貨を送金するには手数料がかかるので、注意が必要です。

エアドロップでもらう

仮想通貨業界で言うエアドロップ(AirDrop)とは、企業やプロジェクトが広告の一環として、特定の仮想通貨をSNS等で配布することです。企業やプロジェクトは、多くの人にその通貨使ってもらうことで、認知拡大を図っているのです。

実際にエアドロップの例としてPresearch(PRE)を挙げます。これは検索すればするほど仮想通貨を得られる検索エンジンです。公式サイトでアカウント登録をした後、検索していくことでその検索回数に応じて仮想通貨を得ることができます。

もうひとつの例として、世界最大級の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)が行った、BitTorrentBTT)を挙げます。このエアドロップでは、別の仮想通貨であるトロンTRX)を保有しているユーザーを対象に、その保有量に応じてBTTを配布されました。

ただし、こうしたエアドロップは魅力的あるがゆえに、エアドロップと称した詐欺もあります。実際に参加する際には、注意が必要です。

アプリなどのサービスでもらう

最近では仮想通貨がもらえるアプリも増えてきています。Cheeeseというアプリでは、アンケートに答えたり、本サイト(仮想通貨研究所)に掲載されるニュース記事を読んだりすることで、ビットコインがもらえます。

またビットコインの価格を予想し当たったら報酬としてビットコインがもらえるぴたコインというアプリもあります。

このようなサービスの最大の特徴は、ウォレットがなくても始められる点です。もらったビットコインを日本円に変えたり、他の場所に送るためにはウォレットが必要となりますが、他の方法に比べて気軽に始めることができます。

マイニング報酬

また、マイニングの報酬として仮想通貨を受け取ることも可能です。マイニングとは、トランザクションの検証、新たな仮想通貨を発行することであり、この作業を手伝うことで報酬として仮想通貨がもらえます。マイニングにもいくつか種類があり、ソロマイニング、クラウドマイニング、プールマイニングなどが方法としてあります。それぞれ個人で行う、マイニングを行う会社に投資してその分の配当を得る、グループで行うといった違いがあります。ただし、マイニングは仮想通貨やブロックチェーンの仕組みを理解する必要があり、また方法によっては高性能のパソコンを使う必要があります。そのため、初心者の方は前述した方法をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビットコインは、取引所でも簡単に買えますし、もらえるアプリもあります。自分に合った方法で入手してみてください。入手さえしてしまえば、いろいろと使い道が見えてくると思います。

8月22日のBTCの見通しと分析:BTCはさらに下落

●テクニカル分析  週足で見ると、ビットコイン(BTC)は……

モーニングスター

BTC=100万円(9,400ドル)で下げ止まるか 引き続き底固い推移を予想

Crypto Market Weekly 8月23日号 ……

松嶋真倫

ビットコイン報酬プログラム、提携により拡大

 仮想通貨とブロックチェーン(BC)を採用するための主要なパ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン1万ドル台回復

 23日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

韓国の仮想通貨とBC、良い知らせと悪い知らせ

 19年8月21日、韓国では仮想通貨、ブロックチェーン(BC……

Cryptocurrency News

プンディXがベネズエラで契約、携帯電話会社が仮想通貨支払いに対応

 2件の新たな発表により、仮想通貨の採用拡大が示された。今回……

Cryptocurrency News