Blockstack社、トークンによる資金調達。ハーバード大学が出資

さがえ

  • 0

ハーバード大学の投資部門であるHarvard Managementが、米国証券取引委員会(SEC)管理下でデジタルトークンによる資金調達を目指すBlockstackに出資した。12日にBloombergが伝えた。

Blockstackは、ブロックチェーンベースの分散型コンピューティングネットワークの開発を手掛ける企業だ。同社の子会社Blockstack Token LLCは、SECのregulation A+という規制の枠組みのもと、独自のStacksトークンによる5,000万ドルの資金調達を目指し、11日にSECに申請した。申請が承認されれば、SECが認定した初のトークンセールによる資金調達になるという。

BlockstackはHarvard Management取締役のCharlie Saravia氏を新たにトークンのアドバイザリーメンバーに指名した。また、今回のトークンセールにも参加するベンチャーキャピタルのLux CapitalとFoundation Capitalのそれぞれの代表もその一員になるという。

BlockstackはSECへの申請について次のように述べている。

当局と積極的に協力し彼らの規制に従うことは、多くの労力と時間が必要になることは十分理解している。我々はこれまでの進歩状況に大変満足している。

昨年は、米イェール大学が仮想通貨・ブロックチェーン業界への投資を目的としたファンドParadigmへ出資したことがBloombergによって報じられた。ParadigmはCoinbaseの共同設立者の一人Fred Ehrsam氏らによって創設されたファンドだ。

ハーバード大学やイェール大学といった世界的な大学による仮想通貨・ブロックチェーン業界への投資の動きは見られるが、大学機関からの業界への投資の例はまだまだ少ない。今後同様の動きが増えていけば、業界へと資金が流れますますの発展が期待できるだろう。

(画像はBlockstackのブログより引用)

コメントを残す

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、60万円台を回復

 23日午前9時50分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

イギリス領ヴァージン諸島、災害対策にトークンとウォレットを導入

イギリス領ヴァージン諸島が、災害発生時の対策としてLIFEl……

編集部

国がICOか、アフガニスタンなど3カ国がビットコイン国債を検討

17日にワシントンで開催された国際通貨基金(IMF)が主催す……

編集部

野村HD、Ledger、他1社提携のカストディアンKomainu、2020年にサービス開始……

野村HD、Ledger、Global Advisorsが共同……

さがえ

仮想通貨交換所OKコイン、保管サービスのプライムトラストに出資

 仮想通貨交換所のOKコインは仮想通貨カストディ(保管)……

CoinDesk