タイのSCBがクロスボーダー取引を1分で成功、リップルの技術を使用か

編集部

  • 0

タイのサイアム商業銀行は24日、PTTEPとのプロジェクト内でブロックチェーン技術を用いた送金のパイロットテストに成功したことを発表した

サイアム商業銀行は、タイ国内で最も歴史の古い商業銀行だ。またPTTEP社は、タイ最大の企業であるPTT(タイ石油公社)の子会社だ。

この2社は2018年半ばから、クロスボーダーのB2Bの支払いに、ブロックチェーン技術を応用するプロジェクトを行っていた。今回このパイロットテストが成功し、企業間の支払いにおいて1分以内に着金を確認したという。これまで同取引には2日を要していた。

サイアム商業銀行は、RippleNetマルチホップ機能を開発した最初の金融機関だ。今回の発表では、どういったブロックチェーン技術を使用したかについて言及されていないが、リップルの技術が使用されているのではないかと報道されていた

サイアム商業銀行のチーフホールセールバンキングオフィサーWasin Saiyawan氏は以下のように述べている。

「今回発表したサービスは、今年までにすべてのCLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの4か国)および東南アジア諸国で実施される予定だ。国境を越えた支払いサービスの開発において、大きなマイルストーンとなるだろう」

また、PTTEX副社長のSumrid Sumneing氏は、今回のプロジェクトについて「サイアム商業銀行と密接に協力して、企業間のクロスボーダー取引にブロックチェーンテクノロジーを使用し、デジタル競争力を効果的に、かつ迅速に最適化していく」とコメントしている。

タイではブロックチェーン技術が活発に応用されている。昨年11月には、タイ当局が税収管理システムの効率化のためにブロックチェーン技術を導入することが報じられている

(画像は「SCB」ウェブサイトより)

コメントを残す

<今日の仮想通貨市況>バックト、ビットコイン現物先渡しテストを開始

 23日午前11時現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BT……

モーニングスター

イートロとバイナンス、著名米投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食

 トロン(TRX)BC(ブロックチェーン)プロジェクトの創業……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコインは軟調、週末は往って来い

 22日午前10時現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(B……

モーニングスター

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News