暗号資産マネージャー:世界はビットコインの必要性に気付き始めている

CCN

  • 1

 サングラスを身に着ける必要がある程、仮想通貨の未来は明るい。仮想通貨投資会社イキガイ・アセット・マネジメントのトラビス・クリングCIO(最高投資責任者)は、これまで以上にビットコインBTC)に対し強気だ。ビットコインはあらゆる点において山場を乗り切っている。(コインマーケットキャップのデータでは)ビットコインは5月に約50%上昇しただけでなく、年初からほぼ2倍となっている。さらに、18年末の最安値からは150%上昇。今のビットコインを妨げるには、リスクの振り子が正反対の方向に動く必要があるだろう。ナスダックのトレーダー・トークスの取材に対しクリング氏は次のように述べた。

 「3月、4月に存在していた、仮想通貨市場は底打ったのか、安値に戻る可能性はどれくらいあるのかといった疑問は、今や全て基本的に問題ではなくなった。安値を再度試すには、資産の大規模なリスクオフへの転換が世界的に生じる必要があるだろう」。

 実際クリング氏の見立てでは、19年と20年の収支は「極めて明るい」という。

●FRBによって勢いづけられた仮想通貨の反騰

 ビットコインのほぼ放物線状の上昇について、誰よりも感謝されるべきはFRB(米連邦準備制度理事会)議長のジェローム・パウエル氏かもしれない。クリング氏は、パウエル氏こそが「仮想通貨市場を底打たせた」と語っている。

 FRBが1月下旬に180度方向転換しハト派に変わったことで、世界中の中央銀行でも同様の動きが生じた。後から振り返ってみれば、これが仮想通貨市場を強気にさせたのは明らかだ。ライトコインLTC)ではその証拠が2月上旬に現れた。同通貨は大きな取引高を伴い、1日で約30%急騰した。以来、ビットコインライトコイン、そして仮想通貨市場全体は止まる所を知らない。

 クリング氏はライトコインの反騰について、「FRBが方向転換をしてから9日後にそうなったことは、偶然ではない」と述べた。

ビットコインの安値切り上げ、高値更新

 トラビス・クリング氏は以前、ヘッジファンドのトレーダだった。同氏は成功を収めていたが、「世界には新たなヘッジファンド・マネージャーは必要ないが、このテクノロジーは必要とされている」との思いにいたったという。しかし、同氏は自身のルーツを忘れておらず、ヘッジファンドの伝説的人物であるジョージ・ソロス氏が用いた「再帰性」と呼ばれる現象を引用した。これは基本的に「高値が高値を、安値が安値を生む」と言う意味だとクリング氏は説明した。

 イキガイのCIOであるクリング氏によると、ソロス氏は株式投資家かもしれないが、同氏による再帰性という概念は他のどの資産クラスより仮想通貨市場において現実化しているという。これは、「仮想通貨を利用する人々が増えるほどその価値が上がるというネットワーク効果」によってビットコインが支えられているという事実の結果だ。

 メインストリームでの採用が加速していることを考慮すると、近い将来ビットコインは大きく上昇する可能性がある。

(イメージ写真提供:123RF)

This story originally appeared on CCN.com.

コメントを残す

<今日の仮想通貨市況>バックト、ビットコイン現物先渡しテストを開始

 23日午前11時現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BT……

モーニングスター

イートロとバイナンス、著名米投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食

 トロン(TRX)BC(ブロックチェーン)プロジェクトの創業……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコインは軟調、週末は往って来い

 22日午前10時現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(B……

モーニングスター

投資家心理悪化、BTC=108万円(10,000ドル)で反発上昇できるかに注目

Crypto Market Weekly 7月19日号 ……

松嶋真倫

NeoとOntology、「次世代のインターネット」プロジェクトで提携

 中国の主要パブリックブロックチェーン(BC)であるNeo(……

Cryptocurrency News

FATF後押し、日本主導で仮想通貨版SWIFT創設へ

 日本政府は、各国の規制当局により構成される多国間組織の金融……

Cryptocurrency News