【特別鼎談:仮想通貨の正体】Vol.1 なぜ今、仮想通貨が必要なのか?

編集部

  • 0

本コンテンツは、マネックス証券が6月10日に開催したセミナー「仮想通貨の正体」の一部内容をもとに、マネックス仮想通貨研究所が編集、作成しております。セミナーは、松本大、和田晃一良、大塚雄介による鼎談形式です。
コインチェックのYouTubeチャンネルで、セミナーの内容をご視聴いただくことが可能です。


物理的な移動からデジタルデータの移動になるメリット

(進行)
松本さんの著書『お金の正体』の中で、硬貨、紙幣の持つデメリットについて触れられていますが。改めて、物理的なお金、そして仮想通貨のメリット、デメリットについてかんたんにご説明いただけますでしょうか?

(松本)
お金ってもともと、丸い石なんかが使われていた時代が古くはあり、それから硬貨というのができてーただ、硬貨は金属で作るので偽造が簡単だということで、複雑な印刷技術と精巧な製紙技術を使って、偽造がされにくい且つ軽い紙幣が作られました。硬貨だけで海外に行って原油を買ってくるとか何かを買ってくることは不可能ですが、紙幣であれば何億円というお金でも運ぶこともできる。

そういった歴史があると思うのですが、今後を考えると、いろいろな技術がある中で、紙幣でもやはりその偽造されるリスクというのがあったり。あるいは、紙幣だと、本当に完全に燃えてしまったとか、そういった場合には元に戻らない訳です。

そういった場合に、仮想通貨、つまりデジタルでそれ(お金に代わるもの)を作り、且つ様々な暗号技術を使って、偽造ができないようにすると、軽くて、いくらでも持ち運びができて、なくならなくて。

今は仮想通貨と言うと、円やドルと相対する概念に思われますが、きっと近未来においては、硬貨、紙幣の次に、日銀やアメリカの連銀がブロックチェーン技術を使って貨幣を作る、そんな同じ時代も来ると思います。そういう意味で仮想通貨というのは、人類最大の発明であるお金自体を変えていく根幹技術を抱えているので、とても重要かなと感じています。

(進行)
仮想通貨の取引所というビジネスを始められた和田さん、大塚さんは、この仮想通貨に新たな可能性を感じられたと思います。どのようなところに可能性を見出したのでしょうか?

(大塚)
例えば、手紙を送ることは、電子的に簡単に送れるようになりました。仮想通貨も、暗号の技術を使うことによって、お金を簡単に、速く、安く送れるということが、我々の利便性を向上させると思います。そうやってお金が速く送れることによって、新しい産業が生まれてくるということが見えましたので、大きくパラダイムシフトが起きるのではないかという可能性を感じて、ビジネスを始めました。

(進行)
ひとつは送金が非常にかんたん、持ち運びもなくて、データの移動だけで済むというところにあるということですね。和田さんはいかがですか?

(和田)
僕が2013年、2014年くらいに仮想通貨を初めて買ってみたり使ってみたり、友達と送受信してみたときに思ったのは、管理する媒体、業者がいない、という点がすごく面白いということです。

自分のPCで立ち上げて、ブロックを同期して、やり取りをすれば、それだけで本当にお金の送受信ができてしまうというのは、結構面白いなと思っています。インターネット上でのお金のやり取りは、クレジットカードや、インターネット銀行でできると思いますが、どれも基本的には企業が管理していて、その中でやりくりするというものです。

それが(仮想通貨だと)本当にどこも管理していない、そういった状態でお金のやり取りができるというのは、むちゃくちゃ革命的だなと、当時そう思った記憶があります。

(進行)
ブロックチェーンには、中央集権型ではない、分散型とよく聞きます。みんなが監視していれば安全だということでいいのか……と私も自信なげに思ってしまいます。今まで実体としてお金があったものが、データだけになるということに、不安を覚えている投資家の方も多いと思います。その不安はどこから来るのか、本当は不安ではない、という点について、大塚さんから……

(大塚)
目に見えないというところは非常に不安だなと私も感じています。人って触れると安心するものがあるのですが、仮想通貨は目に見えず、データだけで動いているものなので、実体として物がないというところが不安視され、怖いという気持ちに発展するのかなと思います。

たとえば、和田のようなプログラマーから見ると、「こちらからこちらにビットコインが移った」ということが、ある意味目に見える形になっていて、逆に安心するといった面もあります。つまり、なかなか目に見る機会がないので、不安に思ってしまうのではないかと思っています。

(松本)
20年前の1999年10月1日にマネックス証券を開業したのですが、最初は、「目に見えないマネックス証券にお金を送金することが怖い、不安だ」と言われました。ところが、あっという間にみんな何も思わなくなりました。
目に見えない不安というのは、何か実感が伴ってくると、一気になくなってくるのではないかと思います。


本コンテンツは、マネックス証券が6月10日に開催したセミナー「仮想通貨の正体」の一部内容をもとに、マネックス仮想通貨研究所が編集、作成しております。
コインチェックのYouTubeチャンネルで、セミナーの内容をご視聴いただくことが可能です。

コメントを残す

ビットコイン、トランプ発言で下落

 7月15日の報道時点では、ビットコイン(BTC)は1090……

モーニングスター

米議員「大企業を仮想通貨から締め出そう」という法案を起草

 米国の議員達は主要なIT企業が金融サービスを提供すること及……

Cryptocurrency News

プンディX社がPOS大手と提携、小売店に仮想通貨広める

 シンガポールに本社を置くBC(ブロックチェーン)企業のプン……

Cryptocurrency News

買い優勢の展開を予想も下値に警戒

Crypto Market Weekly 7月12日号 ……

松嶋真倫

韓国LGとユニコーン企業、仮想通貨事業を立ち上げ

 東アジアの仮想通貨市場は、韓国のモバイルファイナンスプロバ……

Cryptocurrency News

「シンガポールに仮想通貨の国際拠点」、バイナンス・シンガポールのトップが発言

 シンガポール当局の最近の動きは、自国を「仮想通貨取引とBC……

Cryptocurrency News