FOMC前に方向感に乏しい展開を予想

松嶋真倫

  • 0

Crypto Market Weekly 7月26日号

  • BTCは下落基調継続し再び一時BTC=108万円(10,000ドル)を割り込んだ。週足では約4%の下落。
  • JVCEAとJCBAが金融庁へ2020年度の税制改正要望を提出。
  • 来週はFOMCを控え方向感に乏しい展開を予想。直近上値としてBTC=118万円(10,900ドル)、下値としてBTC=100万円(9,200ドル)を意識。

今週の相場動向

相場回顧 BTC:下落基調継続し再び一時BTC=108万円(10,000ドル)を割り込む

BTCは、買戻しによりBTC=119万円(11,000ドル)を回復する場面も見られたが、下落基調継続し再び一時BTC=108万円(10,000ドル)を割り込んだ。週足では約4%の下落。

今週は、Bakktの先物取引プラットフォームのテスト開始など業界にとって嬉しいニュースも一部見られたが、先週に悪化した投資家心理は変わらず売り優勢の展開が続いた。依然Libraに対しては各国当局から厳しい言葉が発せられ、さらに米国商品先物取引委員会(CFTC)が大手デリバティブ取引所BitMEXを調査しているとの報道が市場の緊張感を高めている。

また、米国企業の4-6月期決算発表が本格化し投資家の関心が株式市場に向く中で、週を通じて商いも薄かった。

今週のトピックス

来週の相場予想

FOMCを控え、方向感に乏しい展開を予想

来週は、米国利下げ決定が注目されるFOMCを控え、市場全体として様子見ムードが強まると思われる。

ある程度相場に織り込み済との見方も強いが、これにより株式為替市場が大きく動けば当然暗号資産市場にも影響は及ぶ。利下げ決定となれば一部緩和マネーがBTCに向かうことも考えられるが、当局懸念により投資家心理が冷えこむ中では、株式や法定通貨の方へ資金が向かいやすく、それがBTCの下げ圧力になる可能性もある。

また、米国上院銀行委員会が開く暗号資産規制に関する公聴会で新たな規制の動きが出てくるかにも注目。

直近上値としてBTC=118万円(10,900ドル)、下値としてBTC=100万円(9,200ドル)を意識。

来週のトピックス

コラム:やっぱり日本は異常であり平和だ、何一つ解決されない茶番劇

やっぱり日本はいびつな社会だ。日大アメフトや体操女子のパワハラ問題、ジャニーズの未成年飲酒問題、でんぱ組.incら著名人の大麻所持問題そして今回の吉本騒動など、本来国民で議論されるべき政治・経済の話を隅に置いて、スポーツや芸能の話ばかりが話題を集める。それだけではない。どの問題を取っても、その根底にある歴史的構造の中で保身に走る当事者たち、それを面白おかしく取り上げるメディア、そして風説を煽るSNS民によって物事の本質が歪められ、それらが一切解決に向かうことがないのだ。正直ごちゃごちゃしすぎて何から突っ込んで良いのかわからない。でも、吉本騒動を例に適当に突っ込んでみる。

反社会的勢力との付き合いがあったか、そして彼らとの金銭の授受があったかが最初に問われた今回の騒動だが、芸人たちがついた軽はずみな嘘によって事態は大事になり、それを受けて開いた会見をきっかけにいつの間にか論点が企業のパワハラ問題へとすり替わった。「ただ、謝りたかったんです。でも会社が謝らせてくれませんでした。会見したら全員クビだと言われました。」と涙ながら口にする彼らの姿に同情した人も多いだろう。もはや芸能人主体となりつつある各局報道メディアはその翌日に案の定手のひらを返した。ネットでもあちこちで彼らを擁護する声が聞こえた。擁護も何も二つの問題を並列して考えるのはおかしい。

その後に吉本の社長が開いた会見も日大アメフト監督の会見並みに支離滅裂なものであったが、だからと言ってそれを世間が責め立てるのはいかがなものか。経営陣と演者が話し合って社内で解決してくれ。それに芸能事務所とマスメディアの癒着関係なんて今に始まった話じゃない。懇意にしているもしくは力関係で上にある取引先のお願いを時に聞くという文化はどの世界にだって存在しているのだ。どんなに世界がオープンになっても時々の基準において弱肉強食の原理がなくなることはない。ただ、今の時代には個人が集団となって誰でも叩くことができてしまう。たとえその相手が間違っていなかったとしてもだ。この流動的で強大な”パワハラ”の方が私は怖い。

そもそも反社会的勢力ってなんだ。見た目はごく普通の人間。でも中身は怪物。自然に付き合ってたら写真を週刊誌に高値で売られて食べられる。喰種もしくは亜人かよ。今回の騒動でも一切のお咎めを受けることなく最後まで笑っていたのは奴らだけだ。世の中を見ると奴らは大金が絡むところには必ず存在して、企業だけでなく政治家や警察を含めた政府もまた相手が怪物と知りながら自分たちを守るために強く対処することができないのだろう。それくらいに反社会的勢力は日本社会に溶け込んでいる。クリーンな世界しか見えていない人は考えを改めてグレーな世界を当たり前と思った方が良い。冗談ではなくそれが当たり前なのだ。

とまぁ、吉本騒動を振り返ってあれこれ述べてきたが、またしても全てが有耶無耶のままか。これに尽きる。日本は一体いつからこんな茶番好きの国になってしまったのだろうか。どうでもいいけど、暗号資産業界こそ反社の割合多そう。みんな怪しい。

コメントを残す

独シーメンス、BC上でのカーシェアリングを検討

 独技術系大手企業シーメンスが、製造改善、モビリティ、サプラ……

Cryptocurrency News

底堅さ示しBTC=150万円(14,000ドル)を再び試すか

Crypto Market Weekly 7月5日号 ……

松嶋真倫

通貨競争:5月の勝者と敗者

 多くの仮想通貨トレーダーにとって、時価総額上位10通貨中8……

Cryptocurrency News

IOTAが次期アップデートの詳細を公開、中央集権的なCoordinator排除へ前進

IOTAが次期アップデートとなる「Coordicide(コー……

編集部

19年のBTC上昇率100%超、アルトコインも反騰

 ビットコイン(BTC)は15%超急騰し、1BTC=8000……

Cryptocurrency News

ジャガーがIOTAと提携しカーウォレットを開発、データ共有で仮想通貨報酬

29日に、大手自動車メーカーのJAGUAR(ジャガー)がIO……

編集部