逃避需要が高まり買い優勢の展開を予想

松嶋真倫

  • 0

Crypto Market Weekly 8月9日号

  • 米中を中心としたグローバルマーケットの混乱の中で、BTCは逃避資金が流入し一時BTC=130万円を回復、週足で10%を超える大幅上昇。
  • LTCは4年ぶり2度目となる半減期を迎えた。直後価格急騰の場面が見られるも、週足ではフィアットとBTC建てともに下落。
  • BITPointがサービスの一部再開の方針について発表。
  • 来週は、上昇ペースは落ちるも買い優勢の展開は続くと予想。直近上値としてBTC=130万円(12,250ドル)、下値としてBTC=116万円(11,000ドル)を意識。

今週の相場動向

相場回顧 BTC:株式為替市場の逃避資金が流入し週足で10%を超える大幅上昇

米中を中心としたグローバルマーケットの混乱の中で、BTCは逃避資金が流入し週足で10%を超える大幅上昇となった。

先週のFRBによる10年ぶりの利下げや米中貿易摩擦の激化を受け、各国緩和の動きが加速し、世界同時株安と円高が進行。このように世界経済の景気後退懸念が強まり市場全体がリスクオフムードとなる中、従来の国債や金に加えてBTCが逃避先として資金を集めた。上昇局面では思惑的に急騰急落する場面も見られたが、価格は上昇を続け一時BTC=130万円を回復した。

LTCは8/5に4年ぶり2度目となる半減期を迎えた。その直後に価格が急騰する場面も見られたがBTCの強い動きによって売り優勢となり、週足ではフィアット・BTC建てともに下落した。

今週のトピックス

来週の相場予想

上昇ペースは落ちるも買い優勢の展開は続くと予想

株式為替市場の落ち着きとともに一部資金が回帰し価格を下げる場面は見られるだろうが、各国緩和競争による影響や米中問題、その他ブレグジットや香港デモなどの問題が依然不透明な状況では、金と同様にリスクオフ局面でのBTCへの逃避需要は大きい。

今になってBTCが安全資産と見られる理由は様々あるが、第一には過去に業界を揺るがしたハッキング対策など業界整備が進んできたことが挙げられる。つい先月被害に遭ったBITPointもサービス再開までの方針を早急に発表した。各国当局によるLibra批判の影響も落ち着きを見せており、現状価格の大きな下落を招く悪材料は無いと言えるだろう。一方で買い材料にも乏しく、当面はグローバルマーケットの市況に相場は左右されそうである。

直近上値としてBTC=130万円(12,250ドル)、下値としてBTC=116万円(11,000ドル)を意識。

来週のトピックス

コラム:途上国旅行を存分に楽しむ為に必要な心の余裕

つい先週ちょっと早めの夏休みを取ってエジプトへ旅行に行ってきた。今の時期のエジプトの気温は40℃を軽く超え、日によっては50℃に達することもある。エストニアで優雅な避暑生活を送っていた去年とは打って変わって、今年は真夏の熱帯地域へ自らダイブだ。我ながらアホだと思う。途上国での不十分な衛生環境×酷暑=?と問われれば私が旅先でどうなったか容易に想像がつくだろう。今回は、お腹の中でキャメル(ラクダ)に暴れられながらも耐え凌ぎ、エジプトの各所を巡る中で改めて感じたことを話す。

これはほとんどの人がそうだと思うが、海外に行くといつも以上に人に対して用心深くなる。どの国であってもコンニチハ!ニッポンスキ!ナガトモ!なんて言ってくるやつは大抵怪しい。前に海外でスリに遭った経験もあってか、私は今回の旅でも常に周りを警戒していた。そして、出国前にエジプトは特に声をかけられることが多いと父から聞いていたが、その言葉通り現地では多くの人に色々な意味合いの声をかけられた。モノの購入を迫る声、お金をせびる声、チップをねだる声、親切の声そして無邪気な子どもの声。どの声も背景が異なり、そこから受け取ることは様々だった。

海外でよく見かけるマーケット通りを歩いていると、すれ違う人ほぼ全員からニーハオ!ニーハオ!と声をかけられた。最初は「ノーノー、ジャパニーズ」とか適当に返事していたが、どこへ行ってもニーハオ!ニーハオ!と声をかけられるので、ついには日本でも滅多に声を上げることのない私が「ニーハオじゃねぇよ!コンニチハだよ!」とアンジャッシュの児島ばりに突っ込んでいた。暑さと鳴り止まない車のクラクション、そして少し油断するとお腹の中で攻撃してくるキャメルにイライラが相当募っていたのだろう。客引きの声は国に依らず鬱陶しい。

途上国では物乞いがいることも珍しくない。街の通りや電車でプリーズ(お金を恵んでください)と声をかけてくる人をあちこちに見かける。エジプトでは5・6歳くらいの子どもたちが可愛い顔をしながらマニー、プレゼントと言い寄ってくることが特に多かった。キャメルでお腹が弱っていた私もさすがに子どもたちの声には心が痛んだ。親がやらせているのか、親を真似ているのか、自分たちで考えてそうしているのか、どうであれ貧困国の生活の厳しさを改めて実感する声であった。

旅の途中で道に迷っていると「どうした?」と現地の人によく声をかけられた。その度に「○○に行きたい」と伝えると彼らは親切に道を教えてくれたが、エジプト人良いやつじゃん、と思った次の瞬間には決まっていくらかのチップを要求してきた。なんだ、結局お金か。どうやらエジプトでは宗教上喜捨の考えが定着していて、ちょっとした親切へのチップが通例となっているらしい。とは言え、観光地周辺ではそれが過剰となってぼったくりなどの問題を引き起こしている。外発的動機から来る親切は果たして本当に親切と呼べるのだろうか、と思ったが仕方がない。

こういった警戒心を強める無数の声を理由に、私は旅の後半ではほとんどの人を無視するようになっていた。それは真の親切の声にまで耳を塞いでしまったということである。当然旅で出会った人の中には、自分への見返りどころか私を含めた身の周りの人全員をハッピーにしたいと行動で示す善人もいた。純粋無垢な笑顔でハロー!とただ手を振ってくるだけの無邪気な子どもたちもいた。しかし、私は金銭がネックとなって「声をかけてくる人=怪しい人」と一括りに決めつけ、現地の人と触れ合う機会を自ら制限してしまった。おそらく多くの旅行者が似た経験をしたことがあるのではないだろうか。

この問題はいつの日かトークンが金銭を代替し解決されるかもしれない、なんて馬鹿げた考えはしない。私は途上国の生活がブロックチェーンで変わるなどという意見には反対であり、それによる金融包摂の効果にも未だ懐疑的である。圧倒的経済格差が改善されて初めてこれらの新技術が途上国においても浸透する可能性が出てくるのだ。このような状況で私たち一人一人が格差是正の為にできることは、やはり旅先で非日常的にお金を使いまくることである。お金を盗られることは避けるべきだが、お金を使いすぎたorz、ぼったくられたorzくらいがちょうど良いのである。途上国旅行の際には現地の文化を存分に楽しむ為にもこのくらいの余裕を持ちたい。

今回の旅でも余裕を持ちたかったが、お腹で動き回るキャメルを相手にそれどころではなかった。

コメントを残す

8月22日のBTCの見通しと分析:BTCはさらに下落

●テクニカル分析  週足で見ると、ビットコイン(BTC)は……

モーニングスター

BTC=100万円(9,400ドル)で下げ止まるか 引き続き底固い推移を予想

Crypto Market Weekly 8月23日号 ……

松嶋真倫

ビットコイン報酬プログラム、提携により拡大

 仮想通貨とブロックチェーン(BC)を採用するための主要なパ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン1万ドル台回復

 23日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

韓国の仮想通貨とBC、良い知らせと悪い知らせ

 19年8月21日、韓国では仮想通貨、ブロックチェーン(BC……

Cryptocurrency News

プンディXがベネズエラで契約、携帯電話会社が仮想通貨支払いに対応

 2件の新たな発表により、仮想通貨の採用拡大が示された。今回……

Cryptocurrency News