ビットコインのマイニング消費エネルギー、金や銅の採掘の2倍以上

  • 0

仮想通貨をマイニングするのに必要なエネルギーが、同価値の金や銅に比べて2倍以上であるという内容の論文が5日、オンライン誌のNature Sustainabilityに掲載された

同論文は「1ドルのビットコインをマイニングするのに必要なエネルギーは、同価値の金や銅に比べて2倍以上」と題し、Oak Ridge科学教育研究所のMax J. Krause氏と米国環境保護庁のThabet Tolaymat氏により執筆された。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨をマイニングするために消費される電力は、貴金属を採掘するために必要な電力の2倍以上である、と主張している。

同論文の研究によると1ドルの銅、金、プラチナを採掘するのに必要な電力はそれぞれ4、5、7MJ(メガジュール)なのに対して、1ドルのビットコインをマイニングするのに必要な電力は約17MJだという。アメリカの一般家庭での平均的な電気代である1kwh(≒3.6MJ)=13セントで計算すると、約0.6ドルにもなる。

ビットコインの他にも、同論文ではイーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)、モネロ(XMR)の消費エネルギーが計算されており、それぞれ平均7、7、14MJであるという。アルミニウムを除き、金や銅といった天然資源を採掘するよりも、仮想通貨のエネルギーコストは高い。


(「Nature Sustainability」より)

これまでにも、仮想通貨のマイニングにより消費されるエネルギー―については、様々な研究が発表されている。しかし、今回の論文のように、他の採掘で消費するエネルギーと比較した研究は新しい。ブロックチェーン上での取引の認証作業は、報酬としてコインを得られることから金などの採掘作業と似ているのでマイニングと呼ばれるが、天然資源の現実の採掘作業以上に、エネルギーを消費してしまうようだ。

特にビットコインやモネロなどの通貨は、技術的な承認アルゴリズムにプルーフ・オブ・ワークス(PoW/仕事量に応じた証明)を採用しているため、消費電力は大きい。そうした中、イーサリアムがPoWからプルーフ・オブ・ステーク(PoS/保有量に応じた証明で一般的にPoWに比べて消費電力は少ない)への移行を検討するなど、技術面から消費電力を抑えようとする動きも見られる。こうした現実的な問題と仮想通貨がどう向き合っていくかは、今後も大事な問題だろう。

執筆者:編集部

コメントを残す

コインベース、広告閲覧で獲得できる仮想通貨BATを上場

米大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は9日、……

編集部

【速報】コインチェック、ETH・XEM・LSKの入金および購入を再開

Coincheck(コインチェック)は12日、イーサリアム(……

編集部

国際送金システムSWIFT、リップルネットの採用を否定

国際間送金システムの国際銀行間通信協会(SWIFT)は、新た……

編集部

仮想通貨推進派の知事が相次いで当選、米中間選挙

6日に行われた米国の中間選挙で、新たに3州で仮想通貨を支持す……

編集部

アジアのEコマース大手、仮想通貨決済システム導入へ

電子商取引(EC)大手のQoo10(キューテン)が、韓国の大……

さがえ

ビットメインが新製品を発売、マイニング市場の勢力図に変化か

大手マイニング機器製造のBimain(ビットメイン)の新製品……

編集部