仮想通貨全面安。買い場か、投げ売りのタイミングか?

大槻奈那

  • 0

足元で、ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨が全面安の展開になっている。下げの主なきっかけとされているのは、16日に予定されているビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークである。14日夕方に、大手仮想通貨交換業者のOKExが、BCH先物の取引を停止したことが直接のトリガーとなった。

BTCチャート

BCHチャート

BCHでは、対立する「Bitcoin ABC」と「Bitcoin SV」の2チェーンに分裂する可能性が生じている。このような大きな対立を伴うハードフォークは過去になく、現在、どちらのチェーンが勝つかの「ハッシュ戦争」の様相を呈している。

さらに、間の悪いことに、仮想通貨と相関の高い株式市場のVIX指数が急上昇している。世界の一部の投資家が、これを機会にこうした他の資産に乗り換えている可能性もある。

一方、TrueUSDなど一部のステーブルコインは底堅い動きになっている。短期的には、相対的に評価の高いステーブルコインが投資家の受け皿になる可能性もある。

TrueUSDチャート

True USD チャート
CoinGeckoより

いずれにしても、交換業者による取扱いも一時停止することになり、取引再開後も大きな変動が予想されよう。当面はこうしたBCHのハードフォークの成り行きを見守る展開となろう。イベント・ドリブンの市場の下落であるだけに、現時点での見切り売りは得策ではないだろう。

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

仮想通貨市場に復活はあるのか?

仮想通貨市場の下げが引き続き厳しい。米でのETF承認延……

大槻奈那

テクニカル分析編 Vol. 2 ~ビットコインはアセットクラスとして認知されるか?~

前回のリポートでは、ボラティリティの動きに注目しBTC下落の……

株式会社クリプタクト

テクニカル分析編 Vol. 1 ~市況低迷から光明は差すか?~

2018年は仮想通貨の投資家にとって、逆風の多い投資の困難な……

株式会社クリプタクト

米中間選挙後の仮想通貨に上昇余地:VIX指数低下、XRPの実用化に向けた動きに注目

11月に入り、仮想通貨市場に活気が戻ってきている。主要仮想通……

大槻奈那

仮想通貨市場動向:Zaifのハッキング後も価格は堅調。リップルは急上昇

9/20、仮想通貨交換業者Zaif が不正アクセスを受……

大槻奈那

仮想通貨市場動向:フェイクニュースで大幅下落も、新興国からの資金流入と商品拡大期待で復調へ

昨日、近時安定的に上昇していたビットコイン等の仮想通貨……

大槻奈那