仮想通貨取引所ErisXが約27.5億ドルの資金調達に成功

さがえ

  • 0

2019年に設立予定の仮想通貨取引所ErisXが、シリーズBの投資ラウンドでNasdaq(ナスダック)、Monex Group(マネックスグループ)を含む21社から計27.5億ドル(約31億円)を調達したと発表した

ErisXは米商品先物取引委員会(CFTC)の規制条項に則った仮想通貨取引所の設立を目指す。サービスはビットコインBTC)、イーサリアムETH)およびライトコインLTC)の現物取引および先物取引を提供予定。

ErisXのCEO、Thomas Chippas(トーマス・チッパス)氏は「最先端企業からの多額の資金援助によって、機関投資家と個人投資家の双方が利用可能で、安全かつ強固な取引環境を提供できる。今後は開発チームを増員させながら、先進的なプラットフォームの完成を目指す」と述べた。

ErisXはナスダック、マネックスグループの他に中国マイニングマシン大手Bitmain(ビットメイン)、投資信託会社のFidelity(フィデリティ)、ブロックチェーンテクノロジー企業のConsenSys(コンセンシス)など、多岐にわたる企業から出資を受けている。ビットメインCEOのJihan Wu(ジハン・ウー)氏は、「多くの仮想通貨ユーザーがさまざまな取引所でヘッジを行う中、ErisXのような米国規制に準拠する取引所が、現物と先物を両方扱うのは大変好ましい。我々は、この戦略的パートナーシップが顧客にとって有益なものであると信じる」と自信をにじませる。

(画像は「ErisX」ウェブサイトより)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

ビットコインによる納税を可能に、イギリス国会議員が発言

イギリス国会議員のEddie Hughes氏が、同国メディア……

編集部

ソフトバンクがエヌヴィディア株売却を表明、マイニング事業の低迷が原因か

米半導体メーカーNVIDIA(エヌビディア)の株価低迷に伴っ……

さがえ

ケンタッキーフライドチキンで仮想通貨決済が可能に、ベネズエラで導入

ベネズエラのケンタッキー・フライドチキンで、仮想通貨ダッシュ……

編集部

ユニセフファンドがブロックチェーン・スタートアップ6社に投資

UNICEF Innovation Fund(ユニセフ・イノ……

さがえ

ビットコインキャッシュ、ハードフォーク後も対立続く

ビットコインABC(ビットコインキャッシュ/BCH)が時価総……

さがえ

リップルの送金がSiriで可能に、時価総額2位に定着か

一般の開発者により、Apple社製品のiOSやMac OSで……

編集部