SNSでの批判を受けてか、コインベースが商標申請取下げ

編集部

  • 0

米国の大手仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)が新たな商標登録の申請を撤回した。United States Patent and Trademark Office(米国特許商標庁、USPTO)が伝えた

コインベースは今年10月2日に「BUIDL」という商標を登録申請した。しかしUSPTOの記録によると、12月14日にコインベースはこの商標の登録申請の撤回を申請し、19日に申請撤回が認められた模様だ。

今回の商標申請に関しては、Twitter上で否定的反応がみられた。仮想通貨コミュニティでは、「BUIDL」という言葉がコインベースの商標申請以前に既に広く使われていたからだ。コインベースのCTO(Chief Technical Officer)のBalaji S.Srinivasanは次のように述べている。

「チームは仮想通貨コミュニティがこの用語を利用できないようにするつもりはなかった。『Coinbase BUIDL』とコミュティから呼ばれる可能性があり、チームはありふれた言葉による荒らしを受けたくなかった」

仮想通貨業界には、意図的にスペルミスをした「HODL」という用語がある。これは「HOLD」を語源として、「価格の変動にかかわらず、仮想通貨を保持する」ことを意味し、以前から非常に有名だった。

「BUIDL」も同様に「BUILD」を意図的にスペルミスをした用語だ。「BUIDL」は「仮想通貨業界を支えるプロダクトを構築する」という意味で、仮想通貨コミュニティで使われている。「HODL」するだけでなく、例えばスマート・コントラクトなどの技術を利用するなどして、実際にプロダクトを構築し、業界に貢献する行為を指す。

コメントを残す

注目ニュース目白押しの中、方向感を探る展開

Crypto Market Weekly 6月14日号 ……

松嶋真倫

仮想通貨取引プラットフォーム「マカフィー・マジック」がリリース

 仮想通貨の支持者でITセキュリティ起業家のジョン・マカフィ……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン一時90万円台乗せ

 14日午前10時40分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

バイナンスが仮想通貨Grinサービスへ2度目の支援、決済サービス対応サイト拡大へ

オープンソースの仮想通貨関連サービスを支援するBinance……

編集部

コインベースカードが新たに6カ国に対応、「今後数カ月」でさらに増加

 交換所とウォレットサービスで知られる米国の大手仮想通貨系企……

Cryptocurrency News

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン先物出来高過去最高水準を好感

 13日午前10時現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BT……

モーニングスター