ConsenSysが半導体製造AMDと提携、ブロックチェーンエコシステムを開発

さがえ

  • 0

ブロックチェーン企業のConsenSysは、大手半導体メーカーのAMDと投資運用会社のHalo Holdingsと提携し、ソフトウェアとハードウェアを組合わせたブロックチェーンエコシステムを開発することを、発表した

ConsenSysは2015年にアメリカで設立されたブロックチェーンのソフトウェア開発会社だ。今回の発表で、1969年にアメリカで設立された半導体製造として世界的に有名なAMD、2016年にアラブ首長国連邦で設立された投資運用会社Halo Holdingsとの提携が明らかになった。

このプロジェクトは「W3BCLOUD」と呼ばれ、分散型アプリケーションに対応したハードウェアと、クラウドシステムを開発する予定だという。今後ConsenSysはブロックチェーンのユースケースを確認しながら、3社間で専門知識および技術を共有していく。

AMDのブロックチェーンプロダクトマネジメントを統括するJerog Roskowetz氏は、「大手技術系企業がConsenSysに対して高性能ハードウェア技術を提供したことで、分散型ネットワークサービスのスケールが可能となり、さらに拡大が見込まれる」と述べた。また「スマート認証、ビジネスデータセンサー、ヘルスID追跡、ライセンスやサプライチェーン管理を含む様々な課題に取り組む」と付け加えた。

ConsenSysの創業者であるJoe Lubin氏は「ブロックチェーンネットワークのネットワーク処理能力をAMD技術で高速化させることで、分散型システムがより普及することになる」と述べている。

コメントを残す

BTC=90万円の壁は厚い

Crypto Market Weekly 5月24日号 ……

松嶋真倫

米国著作権局、クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない

(5月24日19:15追記) 記事のタイトルおよび内容に関……

CCN

CME5月のビットコイン先物取引高が前月比140%で過去最高に

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で、5月のビットコイン……

編集部

STOの注意点、今後主流となり得るか

米仮想通貨取引所のクラーケンが、同社の株式をトークン化し1,……

編集部

ロン・ポール氏:ドルは自滅する、仮想通貨が解決策かもしれない

 米国内での仮想通貨禁止の呼びかけに対し、元米連邦下院議員で……

Cryptocurrency News

本当に必要?SECによってビットコインETF論争が再燃

 SEC(米証券取引委員会)が、ビットコイン(BTC)ETF……

Cryptocurrency News