暴騰シナリオで過去最高値250万円台も 松嶋の2019年ビットコイン価格予想~極論編~

松嶋真倫

  • 0

インターネットやSNSの普及により海外を中心に氾濫しているフェイクニュース。今や新聞やテレビといったマスメディアでさえ意図的に偽のニュースを流すというから驚きだ。仮想通貨業界を見てもその風潮は否定できない。年始にBloombergが報じた「金融庁、仮想通貨ETFを検討」のニュースがわかりやすい例だろう。内部事情に詳しい人によれば、関係者によれば、などとエビデンスに欠けた情報がこの業界でも度々報じられている。

今回は、このような穢れたメディアの空気を否定するのではなく、むしろその流れに乗って2019年仮想通貨業界のあることないことを予想する。

暴落シナリオ=ビットコイン価格は10万円を割り込む水準に

Binance 度重なるシステム障害により高まる破綻懸念

Coincheck騒動が起きて以降、投資家らはハッキングに対して特に敏感になった。昨年国内ではシステム障害の頻度からbitFlyerの破綻が噂され、Zaifは実際にハッキングの被害に遭った。価格低迷により中小取引所への攻撃インセンティブが弱まり、2019年はBinanceやCoinbaseといった大手取引所が攻撃対象になる可能性がある。たとえそれがただのシステム障害であっても投資家は情報に踊らされ相場は大きく下落する。

マイニングの収益性低下によりBitmain社が倒産

取引所やICOプロジェクトの倒産にばかり目が行くが、2019年は採算割れによるマイニング企業の倒産にも注目である。中でも、大手マイニング企業Bitmain社はASIC開発に相応の資金を投じており、創業者退任やレイオフ報道に見られるように、収益性との関係で経営が悪化している様子が伺える。倒産ともなれば相場への悪影響は必須だ。

BitfinexとTether社が破綻 資金持ち逃げの疑い

BloombergによるTether社の準備金支持やUSDTの法定通貨換金再開により、両社の共謀説は日に日に弱まっているが、突然破綻し「やっぱり悪いやつでした」というまさかの展開も無いとは言い切れない。そもそもBloombergの報道も信用がならない。

G20にて仮想通貨に関する世界統一規制を設けることが決定

2019年6月に大阪でG20が開催される。これまでは「議題に上がった」程度でそれほど相場に大きな影響はなかったが、世界統一規制導入決定ともなれば、具体案が不明な状況であっても、ワードに引っ張られ相場は大きく下落する。

トランプ大統領 制裁国支援防止の観点から仮想通貨規制を呼びかけ

Huawei幹部拘束問題に見られるように、米国は制裁国支援に対して厳しい目を向けている。仮想通貨は匿名取引も可能なことから、現在でもテロ組織支援や違法取引に使われる可能性を危惧する声は多い。仮に国レベルで発覚した時にはトランプ大統領はすぐさま対策を講じるだろう。

暴騰シナリオ=ビットコイン価格は過去最高値を更新し250万円突破となるか

仮想通貨ETF承認 により機関投資家の参入が本格化

一つでも米国で仮想通貨ETFが承認となれば、機関投資家の参入が進むだけでなく、その流れが世界に広がり各国の投資環境整備が前進する。

各国証券取引所がSTOサービス提供を開始

ドイツ国内の証券取引所が仮想通貨取引プラットフォームの開発を進めるように、証券取引所の業界参入が進み証券市場に並ぶセキュリティトークン市場ができれば、相互作用が強まり多くの資金が動くことになる。

GoldmanSachsが満を持して仮想通貨業界参入

昨年はこのビッグプレイヤーの参入・中止報道に相場が踊らされた。価格操作により彼らが秘密裏に利益を得ているとの声もあるが、2019年本格参入となれば相場は大きく駆け上がるに違いない。

楽天、スタジアムに訪れた観客に対しNFTを利用した選手トークンを発行

昨年米国MLBドジャースが選手トークンを観客向けに発行したように、仮想通貨事業にも取り組む楽天が話題性を呼ぶ為野球、サッカーそれぞれで同様の取り組みを行うことが考えられる。NFTを利用したデジタルコレクションの可能性は大きく、相場を押し上げる契機となりうる。

国内仮想通貨関連業者による地上波CM放映が活発化

年末年始にブロックチェーンゲームMy Crypto HeroesがテレビCMを放映したように、2019年は取引所をはじめ仮想通貨関連企業のCM放映が活発化すると考えられる。広告規制との兼ね合いもあるが、メディア露出が再び増えれば話題性を呼び潜在投資家が流れ込む可能性は高い。

2019年もビットコイン価格は予想外の動きを見せる

業界の現状を見ても、上に挙げたような相場を揺るがす出来事がこれから実際に起こりうる。ここ数年の間でビットコイン価格の変動要因もある程度見えるようになったが、それでもまだ予想が難しいのが仮想通貨市場である。

今年もまた、誰もが予想しない技術・サービスの開発や事件が見られるに違いない。その際に気を付けなければならないのは情報に踊らされないということである。特に仮想通貨は投機的側面を持つ為、社会問題や芸能スキャンダルなどの分野以上に、情報の受け手としてファクトチェックを怠らないことが、自分を守る意味でも重要となる。

年始に入り私を含めた多くの人が当てにならない価格予想を展開しているが、ここから一つ言えることは、2019年もビットコイン価格は予想外の動きを見せるということだ。

買い材料続けば100万円台も 松嶋の2019年ビットコイン価格予想~マーケット環境分析編~

コメントを残す

買い材料続けば100万円台も 松嶋の2019年ビットコイン価格予想~マーケット環境分析編~

年始早々株式為替市場が大荒れとなる中、2019年のビットコイ……

松嶋真倫

マネックス松本氏:グローバルな仮想通貨事業取組みは「メリットが大きい」、米子会社が参入

マネックスグループの米子会社であるTradeStation ……

編集部

米名門大チームが新仮想通貨Unit-eを発表、打倒ビットコインなるか

複数の米国名門大学の研究者からなる研究グループDistrib……

さがえ

2019年のビットコイン価格、楽観シナリオで180万円台到達も

ビットコイン、テクニカル分析の総合的判断から上昇が期待される……

天空の狐

仮想通貨市場に復活はあるのか?

仮想通貨市場の下げが引き続き厳しい。米でのETF承認延……

大槻奈那