<今日の仮想通貨市況>さえない相場は春節影響か

モーニングスター

  • 0

 7日午前9時55分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=37万4723円(過去24時間比1.56%安)、リップル(XRP)が1XRP=32.0円(同2.31%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万1519円(同2.08%安)など売り優勢の展開となっている。一方、月初から騰勢を強めているバイナンスコイン(BNB)は過去24時間比5.49%高と堅調に推移し、時価総額10位に躍り出た。

 6日も前日同様に仮想通貨相場を大きく動かす材料には乏しかったものの、1月下旬に自社設定のトークンをICO(イニシャル・コイン・オファリング)したことや、クレジットカードやデビットカードによる主要仮想通貨の購入サービスを開始したことなどが材料視されているバイナンスは依然人気が持続しているようだ。

 また、目下の仮想通貨市場に大きな買い材料がないことに加え、中国が春節(旧正月)に入り、旅費・滞在費需要から仮想通貨を法定通貨に換金する動きがあるのではとの見方も出ている。

(イメージ写真提供:123RF)

コメントを残す

Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。) Cheeese(チーズは、ビットコインが簡単に手に入るアプリです。)

未登録の仮想通貨ICOプロジェクトが罰金を免れる

米SECが2月20日、未登録ICOについて自己報告したセキュ……

編集部

<今日の仮想通貨市況>新経済連、仮想通貨規制に対し要望書を提出

 15日午前9時40分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

新経済連盟が仮想通貨規制に関する要望を金融庁に提出、楽天の思惑とは

新経済連盟が「暗号資産の新たな規制に関する要望」を金融担当大……

さがえ

“STO”= 新たなブロックチェーン証券の市場は拡大するのか

最近、ICOに代わって、ブロックチェーンを使っ……

大槻奈那

FSB新議長、仮想通貨は「あらゆる金融体制」に課題もたらす可能性

 FSB(金融安定理事会)の新議長は、世界金融の脆弱性を……

CoinDesk

フィリピンICO規制、500万ドル以上の調達は取引所上場が必須

フィリピンの経済特区であるカガヤン経済特区(CEZA)の自主……

編集部