アルゼンチン、公共交通料金をビットコインで支払い可能に

編集部

  • 0

アルゼンチンの37の地域で、公共交通機関を利用する際にビットコインを用いた決済をすることが可能になったと現地メディアが報じた

アルゼンチンでは公共交通機関を使用する際に、SUBEという名前の電子カードを用いて決済を行う。今回、このSUBEを運営しているAlto Viaje社とブロックチェーン企業であるBitex社との提携により、ビットコインによるSUBEカードの残高チャージが可能になった。SUBEではPayPalによる決済も可能となっており、今後は現地決済プロバイダーのRapiPago社も加えた3機関による決済が行われる。

Bitex社のCMOを務めるManuel Beaudroit氏は今回の提携について、「今回の提携は非常に重要であると考えている。なぜなら一般市民にビットコインの先進的技術をもたらし、それが日常生活で持つ真の価値と用途を実証することができるからだ」とコメントしている。

アルゼンチンでビットコインの普及が進む理由として、同国の深刻なインフレーションが原因の一つだと考えられている。アルゼンチンでは、昨年10月に消費者物価上昇率が前年同月比45.9%を記録しており、2018年度内にはインフレ率が50%を超えるだろうとも推測されていた。その結果、国民の間で法定通貨への信用が揺らぎ、相対的に値動きの激しくないビットコインへの需要が増したと考えられる。

コメントを残す

インフレ率とビットコイン購入量に相関性、ブラジルとアルゼンチンで需要増

仮想通貨のニュースメディアであるbitcoinistが、国の……

編集部

コインベース、仮想通貨間取引をさらに11カ国へ拡大

 仮想通貨交換所のコインベースが、仮想通貨同士の両替・取……

CoinDesk

バイナンスラボ、BCスタートアップ3社に4万5000ドル

 仮想通貨取引所バイナンスの投資部門バイナンスラボはオー……

CoinDesk

取引高は拡大も、売り買い拮抗でボックス圏 Crypto Market Weekly 3月1……

BTCは材料難の中BTC=43万円付近で方向感……

松嶋真倫

アルトコイン主導の動き続くも、依然材料難 Crypto Market Weekly 3月8……

BTCは株式市場下落によるリスク回避の動きやE……

松嶋真倫

好材料連続でBTC=40万円を超えられるか Crypto Market Weekly 2月……

BTCは、LTC急騰を受けてBTC=40万円ま……

松嶋真倫