バイナンスのトラストウォレット、新たにXRPとクレジットカード支払に対応

CoinDesk

  • 0

 仮想通貨交換所バイナンスの公式ウォレットであるトラストウォレットで、クレジットカードでの仮想通貨購入が可能になった。

 バイナンスの12日の発表によると、この新たな支払オプションはイスラエルの支払処理会社シンプレックスとの提携下で提供されるという。

 同交換所はさらに、時価総額第3位の仮想通貨であるXRPXRP)にトラストウォレットが新たに対応すると述べた。

 これによりトラストウォレット利用者は、主要なクレジットカードとデビットカードで、XRPビットコインBTC)、ビットコインキャッシュBCH)、ライトコインLTC)、イーサリアムETH)を購入可能となる。今回の発表では、対応するカードや手数料などの詳細は明らかにされなかった。

 トラストウォレットの創設者であるビクター・ラドチェンコ氏は「全てのユーザーに対し、仮想通貨やDapps(分散型アプリケーション)の利用を拡大したい」と述べた。

 同氏は次のように付け加えた。

 「クレジットカード支払の追加は、金銭の自由をもたらす手助けをする上での大きな目標を実現し、仮想通貨の普及を促すための1つの要素だ。トラストには、より多くのBC(ブロックチェーン)や機能を統合し続ける予定だ」

 調整取引高で見て世界最大の仮想通貨交換所であるバイナンスは、18年7月にトラストウォレットを買収した。同ウォレットは当時、イーサリアムイーサリアムベースのトークンにのみ対応していた。

 同交換所はその後、複数の仮想通貨への対応を実現し、12日の発表によると現在は17種類のトークンと「数百種類」のDappsに対応しているという。

 バイナンスはさらに、トラストウォレットは19年第2四半期初頭に立ち上げられる見込みの分散型交換所バイナンスDEXのネイティブウォレットになる予定だと述べた。このプラットフォームは2月20日に公開試験が始まっている。

 バイナンス自体も18年1月、同じくシンプレックスとの提携下でクレジットカード支払に対応。ビットコインイーサリアムライトコインXRPの購入が可能になっている。

(イメージ写真提供:123RF)

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

コメントを残す

イーサリアム先物が上場か、CFTC「準備が整った」

米商品先物取引委員会(CFTC)がイーサリアム(ETH)の先……

編集部

NIKEが仮想通貨市場へ参入か、クリプトキックスを商標申請

大手スポーツメーカーのNIKE(ナイキ)が、仮想通貨に関する……

編集部

上値重い展開を予想。長期休暇で仕掛け売買に警戒 Crypto Market Weekly ……

BTCは、最近の価格上昇を受けてアルトコインか……

松嶋真倫

GW前のポジション整理売りで、上値の重い展開を予想 Crypto Market Weekl……

BTCは、取引所の相次ぐBitcoinSV(B……

松嶋真倫

コインベースカストディGM、懸念されていたテゾス報酬サービスの安全性を説明

コインベースカストディのゼネラルマネージャーであるSam M……

編集部

DAppsレポート2019年Q1が公開、トロンの取引額が過去最高を記録

2019年第一四半期に、DApps(分散型アプリケーション)……

編集部