2019年に成長が見込めるスタートアップが発表、仮想通貨業界からはバイナンスやコンセンシスが掲載

編集部

  • 0

世界的なブロックチェーン企業であるConsenSysは11日、Breakout List(ブレークアウトリスト)の「2019年に成長が見込めるスタートアップ企業」に掲載されたことを、ブログで発表した。同社の他にも、仮想通貨・ブロックチェーン業界からは10社が名を連ねた。

ConsenSysは、2014年にイーサリアムの共同創始者の一人Joseph Lubin氏がニューヨークで設立したブロックチェーン企業だ。イーサリアムを活用した様々な取組みを行っており、マイクロソフトやAmazonなど多くの企業と提携している

ブレークアウトリストは、年に1度、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル、経営者などから集めたスタートアップ企業の情報を分析し、転職に役立つ情報を公開しているサイトだ。ただし、運営者情報は公開されておらず、カリフォルニアで始められたことのみが記載されている。

今回ブレークアウトリストに掲載された企業は、全223社で、主な業種は人工知能、拡張現実(AR)、自動運転、ブロックチェーン、仮想通貨、データ分析、フィンテック、SaaS、宇宙などの分野だ。仮想通貨・ブロックチェーン企業からは以下の10社(アルアファベット順)が掲載された。

  • Binance(仮想通貨取引所)
  • COINBASE(仮想通貨取引所)
  • ConsenSys (イーサリアムを活用したブロックチェーン企業)
  • CoinList (ICOプラットフォーム)
  • Electric Coin Company(旧Zcash、プライバシー保護技術に特化したブロックチェーン企業)
  • Harbor (証券をトークンとして流通させるプラットフォーム)
  • Numerai(ヘッジファンドのデータを用いた価格予測プラットフォーム)
  • Protocol Labs(インターネットの仕組みを改善する企業、ブロックチェーンも活用) 
  • Reserve(ステーブルコイン・プロジェクト)
  • Robinhood(株式/仮想通貨取引所)

昨今仮想通貨やブロックチェーンが注目されながらも、全体に占める割合は、2%ほどだった。また、今年のブレークアウトリストに、日本企業は含まれなかった。

コメントを残す

BTC=90万円の壁は厚い

Crypto Market Weekly 5月24日号 ……

松嶋真倫

ロシアが仮想通貨法整備を「中断」、FATF決定が原因と非難

 ロシア政府が仮想通貨規制案の導入を先延ばしにした。同政府は……

Cryptocurrency News

STOの注意点、今後主流となり得るか

米仮想通貨取引所のクラーケンが、同社の株式をトークン化し1,……

編集部

バイナンスラボが仮想通貨グリンのウォレット開発を支援、ミンブルウィンブルに関心か

仮想通貨のオープンソース開発を支援するBinance Lab……

編集部

仮想通貨取引所Zebpayがオーストラリア進出、インドでのサービス停止以降攻勢続く

シンガポールに本拠を置く仮想通貨取引所Zebpayが8日、オ……

さがえ

フェイスブック、トークン立ち上げの噂される中、仮想通貨広告を再開

 ソーシャルメディア大手のフェイスブックが、仮想通貨関連の広……

Cryptocurrency News