グーグルでの「ビットコイン」検索数、18年11月以来の多さに

CoinDesk

  • 0

 価格が5000ドルを超えたことで、ビットコインは直近19週間で注目を集めており、18年11月20日以降低迷していたキーワード「ビットコイン」のグーグル検索が跳ね上がっている。

 グーグルトレンドのデータを見ると、1時間で20%値上がりして11月19日以降の高値4961ドルをつけた4月2日には一気にキーワード検索指数が上昇した。

 グーグルトレンドは実際の検索数を示すものではないが、世界中のキーワード「ビットコイン」のトレンドは11月20日時点の90%の水準に達した。

 実際に、2日は投資家やトレーダー、マスメディアなどはビットコイン価格上昇がなぜ起きているのかを検索し、「ビットコイン」のキーワード検索は跳ね上がった。

 興味深いことに、ほとんどの検索はビットコイン価格上昇とは関連性がなさそうに見える国からだった。

 グーグルのデータによれば、4月2日から3日で検索が多かったのは、セントヘレナ、オランダ、南アフリカ、ナイジェリア、オーストリアの順だった。アメリカやカナダ、イギリスはトップ10には入っておらず、11位、12位、17位の順だった。

 グーグルトレンドでビットコイン検索が上昇することは表面的には些細なことのように見えるが、分析によれば仮想通貨価格と検索トレンドに関連性がある。この分析の示唆は、検索数が低下している期間がビットコイン価格の上昇に先立つということだ。

(イメージ写真提供:123RF)

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

コメントを残す

トランプ大統領の不法移民対策、仮想通貨の追い風となるか

米国のドナルド・トランプ大統領が不法滞在する移民への対策とし……

編集部

SBIVCがBCHの取扱いを廃止、対立関係にあるBSV廃止の動きが強まる中で発表

SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が16日、同社の……

編集部

チャンネル登録者数ヒカキンの約13倍、世界No.1 YouTuberがブロックチェーン動画……

世界的に人気のあるユーチューバーであるPewDiePie氏が……

編集部

リップル社のxRapidが「世界を変えるアイディア賞」で入賞

9日にリップル社の国際送金サービスであるxRapidが「Wo……

編集部

オーガーの欠陥を悪用した市場操作が発生、バイナンスが警告

仮想通貨プロジェクトであるオーガー(REP)に設計上の瑕疵(……

編集部

フォトギャラリーに見せかけたBCHウォレット、5回タップするとPW入力画面へ

フォトギャラリーのようなビットコインキャッシュ(BCH)専用……

編集部