Binanceによる上場廃止で広がるBSVショック、一連の騒動に否定的な意見も

編集部

  • 0

仮想通貨取引所BinanceのCEO、Changpeng Zhao(CZ)氏は11日、ビットコインSVBSV)の創設者であるCraig Wright氏の言動を非難し、ビットコインSVの上場廃止を示唆する発言を行った。その後、Binanceは正式にBSV上場廃止を決定するなど、Wright氏やビットコインSVに対する否定的な見方が強まっている。

ビットコインSVは、ビットコインキャッシュBCH)のハードフォークにより誕生した仮想通貨だ。他方のビットコインABC(BCH)との対立は現在も続いているが、Wright氏はハードフォーク以前からビットコインSVのチームを牽引していた。なお、現在ではビットコインABCBCHとして扱われることが多い。

Wright氏はビットコインの発案者であり、未だ身元が判明していない「ナカモトサトシ」を名乗っている。しかし、その証明のために過去の文書を改ざんした疑いが持たれるなど、これまでに決定的な証拠が提示されたことはなく、懐疑的な声が多い。

過去には、元同僚の遺産であるビットコインを盗んだ疑いで、遺族から訴訟されている。また、ハードフォーク時の対立では相手方の通貨価値を暴落させるなどと脅迫行為を行っており、同氏に対するコミュニティの態度は、決して良いものではないだろう。

そうした中、Wright氏は自身を批判したHodlonautという名のTwitterアカウント保有者を名誉毀損で訴えると発言した、とするニュースが報じられた。同人物は、ライトニングネットワークの普及活動、Lightning Torchを始めたとして知られ、コミュニティでは著名な人物だ。

同ニュースは「#WeAreAllHodlonaut」というハッシュタグを添えられてツイートされたが、それにCZ氏も反応。同氏は「Craig Wrightはサトシではない。もう我慢できない、上場を廃止する!」というコメントとともに引用リツイートを行った。これが反響を呼び、Twitterをはじめ広く拡散した。なお、現在Hodlonautのアカウントは、アカウント名をUdi Wertheimerに変更している。

CZ氏の発言後、Binanceは4月22日午前10時(UTC)から全てのビットコインSV取引を中止することを15日に発表。これに続いて、同じく仮想通貨取引所ShapeShiftのCEOであるErik Voorhees氏は、48時間以内にBSVを上場廃止すると15日にツイートした。また、仮想通貨取引所Karkenは、ビットコインSV上場廃止の是非を問うTwitterアンケートを行なっている

一連のBSV上場廃止騒動を受けて、BSV価格は大幅に下落している。一方、ビットコインキャッシュBCH)の価格は逆に上昇する動きを見せている。

今回の騒動は、CZ氏の発言やBinanceによる正式発表により勢いを増し、一気に注目度を高めた。コミュニティからは様々な意見が出ている。

デジタル資産中心のインデックスファンドMorgan Creek Digitaの創業者Anthony Pompliano氏は、自身のTwitterで「5月1日に全取引所が一斉にBSVを上場廃止にすべきだ」と発言している。一方、一連のビットコインSV排除の動きを、中央集権的、または全体主義だと非難する声も上がっている。

(画像は「Twitter」より)

コメントを残す

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、60万円台を回復

 23日午前9時50分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

Zaifがフィスコへの事業承継業務を終了し、MONA現物取引も再開へ

国内仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が、本日……

さがえ

イギリス領ヴァージン諸島、災害対策にトークンとウォレットを導入

イギリス領ヴァージン諸島が、災害発生時の対策としてLIFEl……

編集部

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、60万円台達成から軟化

 22日午前10時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

仮想通貨交換所OKコイン、保管サービスのプライムトラストに出資

 仮想通貨交換所のOKコインは仮想通貨カストディ(保管)……

CoinDesk