LedgerX社が現物決済のビットコイン先物取引を計画

編集部

  • 0

LedgerX社のCOO兼Co-founderであるJuthica Chou氏が15日、The blockのインタビューに対し、同社がビットコインの現物決済による先物取引を計画していると語ったことが報じられた。現物決済の場合、投資家は満期時に現金決済とは異なりビットコイン建てで資金を受け取ることとなる。

Chou氏によると、現在同社は公認取引所(Designated Contract Market)としての認可を得る為に、商品先物取引委員会(CFTC)にライセンスを申請中であるという。申請がCFTCに承認されれば、同社は「Omni」という名前の新しいプラットフォームを用いて先物取引やスワップ取引、オプション取引などのサービスを展開する予定だ。

このOmniプラットフォームはまずは機関投資家ではなく個人投資家向けに提供される。その理由としてChou氏は、「現時点で、我々は機関投資家の間で仮想通貨の取引需要が伸びているとは思っていない。我々は機関投資家とは反対のユーザー層にチャンスを見出している」と述べている。現時点でBakkt、ErisX、Seed CX、CoinFLEXなどの企業が現物決済の先物取引を始めているか、あるいは始める準備をしている。

同社は先月、ビットコインの報酬半減期を予測するバイナリーオプションの商品を発表し注目を集めていた。この商品では、予測日の前に半減期となった場合、投資家は一定額の報酬を受け取ることができるが、予測日より後に半減期となった場合には、報酬を一切受け取ることができない。報酬額は、予測した半減期と実際の半減期との差に応じて変動する。

(画像はLedgerXホームページより引用)

コメントを残す

インフレ率とビットコイン購入量に相関性、ブラジルとアルゼンチンで需要増

仮想通貨のニュースメディアであるbitcoinistが、国の……

編集部

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、60万円台を回復

 23日午前9時50分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(……

モーニングスター

テニスのセリーナ・ウィリアムズ氏、コインベースへの投資を明かす

 世界で史上最も成功を収めたテニス選手の1人であるセリー……

CoinDesk

Zaifがフィスコへの事業承継業務を終了し、MONA現物取引も再開へ

国内仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が、本日……

さがえ

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、60万円台達成から軟化

 22日午前10時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン……

モーニングスター

韓国の交換所コインネスト、営業停止を発表

 かつて韓国国内で3番目の規模を誇った仮想通貨交換所、コ……

CoinDesk